« コクワガタがやってきた | トップページ | 三井家が伝えた名品・優品第2部 »

2020年8月13日 (木)

大倉集古館→庭園美術館→写真美術館→目黒区美術館

Img_0365
本日のぐるっとパスは目黒方面です。
最初に六本木一丁目で途中下車して大倉集古館です。
長らくH.オークラと共に工事中だったので訪れたのは6年ぶり。
外観は大きく変りませんが、内部はエレベーターが新設されたりと随分変りました。
大規模な改装工事でしたが外観等換えなかったのは既存の施設を尊重したからでしょうか。

企画展は「近代日本画の華」、昭和5年にローマで開催された「日本美術展覧会」に出品された作品を中心に展示。
当時の日本画壇の入魂の作品が並びます。
大きな作品が多く見応えがあります。

Img_0364
目の前に建つH.オークラも随分変りました。
オリンピックが延期になって稼働率が気になります。

Img_0381
ランチで一息入れて

Img_0392
目黒に移動して東京都庭園美術館です。

Img_0396
企画展は「東京モダン生活」、前半の旧朝香宮邸部分は毎年恒例の建物展示。
例年だとテーブルアレンジなど華やかに飾り付けられていますが、今年はコロナ対策かと思われますが特に演出なし。
それも元の家具の様子がよくわかり良い物です。

Img_0394
家族への愛情が伝わる素晴らしい本格アールデコスタイルの家です。
よくぞ戦災や数々の流転、震災を乗り越えて現代に残っていると思います。

新館の展示は撮影不可でしたが、旧朝香宮邸が建てられた1930年代の絵画や資料などを展示。

Img_0412
庭園美術館なので庭園部分も散策。

Img_0421
次は東京都写真美術館です。
コロナ対応で正面玄関が閉じられていましたが、別の入り口から入れました。
一瞬臨時閉館かと焦りました(^^;)

Img_0424
ぐるっとパスで入れる企画展は「森山大道の東京」。
繁華街でのスナップショットなどやや扇情的なテーマで切り取った作品の展示。
このコーナーだけ撮影可でした。

Img_0428_20200816140001
次は目黒区美術館です。

Img_0434
企画展は「あそぶひと-人形と子供の暮らし」。
ヨーロッパの人形などを展示。手作りで温かみのある人形が多いですね。

目黒区美術館はヨーロッパのクラフトの展示が多い印象。

本日のぐるっとパスは、大倉集古館が1,000円、東京都庭園美術館が900円、東京都写真美術館が700円、目黒区美術館が800円で合計3,400円。
累計でキリよく20,000円です。

|

« コクワガタがやってきた | トップページ | 三井家が伝えた名品・優品第2部 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« コクワガタがやってきた | トップページ | 三井家が伝えた名品・優品第2部 »