« 2020年11月 | トップページ | 2021年1月 »

2020年12月19日 (土)

千葉県立中央博物館

Img_1872 
千葉県立中央博物館に行ってきました。

Img_1884
目的はコレ、習志野隕石です。
今年の7月2日に関東・東海地方を中心に観測された大火球から飛行経路を解析して見事に発見されたものです。
色の違いは落下から発見までの日数経過の影響。
上野の科博と半々で展示している模様。

Img_1882
2号隕石が落下して破損した屋根瓦も展示されていました。
凄い衝撃ですね。(所有は科博なのですね~)

Img_1928 
千葉県内地学の大ニュースとしてはチバニアン正式決定ですね。
手前の襖状の展示物は地磁気逆転地層のはぎ取り標本です。
て、どうやってはぎ取ったのだろう?

Img_1920 
中央の白い横向きプレートの辺りの帯が火山灰層でその上と下で地磁気が逆転しているそうです。
地磁気の逆転の時代が露頭して見た目にわかるというのが貴重なのかな。

千葉は他にも銚子の屏風ヶ浦や南房総の鋸山など地学的に面白いです。

Img_1908 
他にも近年発見された千葉石。
矢印の先にある結晶が千葉石で、水晶と同じ成分ですが内部に炭化水素ガス分子が含まれていて結晶の形が水晶とは違うそうです。

Img_1911 
千葉にナウマン象がいたとは知らなかった。

Img_1949
アカニシという貝殻の成分が溶け出して貝殻中に方解石の結晶ができたもの。
こういうのミネラルショーで展示して欲しい(^^)

Img_1933
展示は前半は地学・生物学的なものが多くミニ科博とう感じでテンション上がりました。
因みに後半は歴史(撮影不可)、自然と人間の関わり。

Img_1874
来年は丑年ということで牛に関する展示も。
しかしバッファローの頭部の展示って…シュール(^^;)

予想外に楽しめた中央博物館でした。

| | コメント (0)

2020年12月11日 (金)

ミネラルショー2020

Img_1747
今年も行ってきました東京ミネラルショー。
新型コロナの影響で大手の海外業者が殆ど来ていないという寂しさ、そして密を避けるために入場制限も有り、例年4日間通し券で800円ですが今年は日時指定で一コマ4時間の完全入れ替え制で900円(システム手数料220円込みですが)と高額です。
もちろん初日の最初の時間を予約。

Img_1725
となると当然入場開始の時間に来場者は集中します。
開場前から長蛇の列、そして入場すると一斉に回遊、買物と行動パターンが同じになるので実にやりにくい…。

Img_1737 
初日は平日なのでそもそも熱心な人が多いのですが、今年は更に本気率が高いというか。
人出は初日としては例年並み。
年配の来場者が例年より少なかったかな。

Img_1729
今年はコロナの影響で世界中のミネラルショーが中止だそうで業者さんも仕入れ不十分だったかと。
お馴染み海外業者もいない、と言うことでお買い得商品不足です。
それでも東京ショーは年に一度のお祭りなので頑張って仕入れた商品や在庫品を大放出だったのだろうと思われます。

海外業者の隙間を埋めるためでしょうか?宝石ルースやアクセサリー屋さんが例年よりも非常に多かったです。

Img_1751
因みに、東京ショーお馴染みの特別展示は今年は無し。
いつも無くてもいいやと思っていたけど、それはそれで寂しいですね。

Img_1749
お馴染みの海外業者さんたちからメッセージも来ていました。
来年は正常な形だと良いなぁ。

Img_1780_20201213142901
本日のお買い物

そんなわけでテンションがあがらずちょっとだけ。

クラスター(感染じゃ無くて鉱石)1個と馬の彫刻と今更なんとなく買ったルチルクォーツのブレスレット。
毎年買っていた鳥の彫刻も買い尽くしたし卒業、小さいけど馬の彫刻が見つかって良かった。

Img_1774
クラスターはアポフィライト(魚眼石)です。
ギラギラの輝きが魚の眼に似ているとか。

Img_1772
こちらは夫のお買い物。
アンモナイトの化石入り石(中央上)と三葉虫入りの石(右下)、スライス瑪瑙と本。

アンモナイトの石は1.5kgあるし、恐竜の本は2kg以上と重いのばっかり!(^^;)

| | コメント (0)

2020年12月 4日 (金)

さわやかウォーク 京成大和田駅~八千代台駅

Img_1365
こちらも復活なった京成電鉄のさわやかウォークです。
普段は日時指定で受付がありますが、今回は新京成方式の期間設定でスタート駅にMAPがある形。
今回は午前中に用事がありそれを済ませてから参加、京成・新京成は時間が緩いので助かります。
京成大和田駅でMAPを受け取りスタートです。

駅のすぐ横に保線車両用の引き込み線があり、車庫も目の前。

Img_1370
駅自体のシャッターとは別に夜間に手前の引き込み線に入れないようにか家庭用の門扉がついています。
色々と京成はアットホームな感じ(^^)
門扉のデザインはアールヌーボー風。

Img_1375
しばらく住宅街を歩きます。

Img_1378
八千代総合運動公園に到着。
川沿いに広がる大きな公園です。
遊具は木製で、アスレチックがあったり

Img_1398
テニスコートやサッカー場があります。

Img_1405 
公園の中央にある八千代市民体育館で曲がり公園を出ます。

Img_1411 
更に進み八千代中央駅を過ぎます。

Img_1414
京成のウォーキングですが、暫く東葉高速鉄道の高架沿いに歩きます。

Img_1421
今回のコースのメインであろう京成バラ園に到着。
そろそろオフシーズンですが、12月に入ると入場料300円とお手軽。

Img_1429
クリスマスシーズンらしくハート型のピラカンサ(かな?)が出迎えます。

Img_1439
オフシーズン入りとはいえ、まだまだバラがかなり咲いています。

Img_1446
今の時期のバラは色合いがこっくりしていて趣深いですね。

Img_1479
色々なローズヒップもあちこちに。

Img_1510
紅葉も丁度見頃。

Img_1544 
様々な紅葉や枯れ穂が良い感じでした。

Img_1567
温室ではバラとガラスのインスタレーションというイベント開催中。
インスタ映え用の(?)沢山の記念撮影スポットがありました。

Img_1603
すっかりバラと紅葉を満喫。
これで300円はお得すぎます(^^)

Img_1615
ランチは園内のラ・ローズで、バラのオンシーズンだといつも凄い待ち時間で入れないのです。
オフシーズンは狙い目ですね。

Img_1629
バラ園を出て再びウォーキングコースに。
住宅街を進みます。

Img_1643
観音寺です。
八千代市七福神巡りの布袋尊のお寺です。
門前の箒を持つ小僧さんの像が可愛い。

Img_1653
紅葉の並木沿いに進み

Img_1657
広大な防衛省宿舎を横目に進みます。
宿舎の奥は更に広大な習志野駐屯部隊演習場。

Img_1662
途中で住宅街側に折れて

Img_1667 
八千代台駅に向かい

Img_1669_20201205133601
八千代台駅構内のファミマで完歩賞と完歩記念バッジとドリンクを頂きゴール。
新京成はセブンイレブン、京成はファミマと組んでいるのですね。

door to doorで21,033歩、13.67kmのウォーキングでした。

| | コメント (0)

« 2020年11月 | トップページ | 2021年1月 »