« 第1回「2020幻のマラソン」名所をたどる! | トップページ | 第2回「2020幻のマラソン」名所をたどる! »

2021年2月19日 (金)

田村一村展

Img_2877
「田中一村展」を観に千葉市美術館へ行ってきました。
田中一村は幼い頃から神童と呼ばれた才能ある日本画家でしたが中央画壇からは一線を画し生前は一度も個展が開かれる機会がなかったものが近年再発見されたものです。
50歳を越えて奄美に渡り、日本のゴーギャンとも生前の無名さから日本のゴッホとも言われています。

田中一村は千葉市美術館からもほど近い千葉寺に長く居住し、最大の支援者も千葉に在住、この度遺族からそのコレクションを千葉市美術館に寄贈されて既存の収蔵作品も合わせての展覧会です。

地元に縁のある画家だからか注目の画家なのか来場者が多く、平日なのに千葉市美術館の駐車場も満車(私は初めてです(^^;))で近隣の有料駐車場へ駐車して訪れるとコロナ禍もありますが入場制限がありロビーで40分程並びました。
入場してからも千葉市美術館でこんなに人が入っているのは近年初めてかも。人気のようです。

展覧会の内容は田中一村の最初期の作品(12歳で既に上手い!)から晩年の名作アダンの海辺まで130点+資料を展示。
充実の内容で、日本画ですが独特の描写と千葉時代の風景画や様々な作品(直書きされた帯、写真、絵付けされた皿etc.)を堪能しました。

Img_2893
企画展の後は千葉市美術館コレクション名品選2020。

Img_2897
エレベーターもアダンの海辺になっていました(^^)

Img_2901
美術館内のレストランも満席で更に行列ができていたので諦めて外に出てお蕎麦でランチ。

Img_2906
本日のお土産

定番のクリアファイルとポストカードです。
因みにグッズショップも行列でした。
色々と千葉市美術館では初めてだったのでびっくり!

|

« 第1回「2020幻のマラソン」名所をたどる! | トップページ | 第2回「2020幻のマラソン」名所をたどる! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 第1回「2020幻のマラソン」名所をたどる! | トップページ | 第2回「2020幻のマラソン」名所をたどる! »