« 岐阜・愛知・静岡城巡り 三日目 | トップページ | 古きを温め、侘び寂びを楽しむ城南五山 »

2021年11月26日 (金)

いちかわ水辺と紅葉めぐりとっておきの絶景へ

Img_3755_20211202171601
JR東日本の駅からハイキング「いちはら水辺と紅葉めぐり とっておきの絶景へ」に参加しました。
本八幡駅で受付後、MAPを受け取りスタートです。

Img_3758
駅前通りを歩き始めます。

Img_3761
最近出来たらしい、いちかわ観光物産インフォメーションが最初のポイント。

Img_3776
すぐに葛飾八幡宮です。
下総の国の総鎮守とのこと。

Img_3787
本殿の横にある見事な銀杏の木は樹齢1200年だそう。
国の天然記念物です。

Img_3796
参道の銀杏も紅葉しています。

Img_3805
八幡宮の近くには禁足地として有名な八幡の藪知らずがあります。
この八幡の藪知らずには様々な伝承があるのですが根拠は無く、元々は生きた魚を放す儀式のある神社の放生池だったから足を踏み入れてはならないというのが由来ではと考えられているそう。
国道14号沿いなので闇な感じはありませんが、今でも現役の禁足地です。

Img_3811
その藪知らずの対面にある市川市役所の前を通り

Img_3831
真間川沿いを歩きます。
桜の名所だからか、川の欄干は木製でライトアップ機能もある模様。

Img_3850
真間川には鴨や冬鳥が泳いでいました。

Img_3871
真間川から国分川へ紅葉や季節の花を見ながら歩きます。

Img_3876
国分川調整池緑地です。
国分川の治水の為に造られた緑地で普段は公園になっています。
かなり広大ですね。

Img_3894
すぐに道の駅いちかわです。
都心から一番近い道の駅だそう。都県境だからそりゃそうですねw

市川はバラの町だそうなので道の駅にもバラが咲いています。

Img_3908
坂を登ってじゅんさい池緑地です。
紅葉まっさかり。

Img_3924
じゅんさい池にも冬鳥が集まっていました。

Img_3944
更に進み里見公園です。
こちらは国分台城址、中世に里見氏の居城だったことから里見公園の名がある模様。
豊島氏の居城である練馬城のとしまえんと同じパターン。

Img_3955_20211202171601
まだバラがそこそこ咲いていました。

Img_3984
里見公園を降りて江戸名所図会に描かれた羅漢の井の横を通り

Img_3994_20211202171601
国分台城の天然の堀である江戸川です。

Img_4002
夕日を浴びて江戸川沿いを歩き

Img_4019
市川駅前に建つアイ・リンクタウンに登ります。
公共施設と住宅の複合施設で最上階の45階が展望施設になっています。
日本の夜景100選や日本夜景遺産に選定されているそう。
夏の花火もここから見たらよく見えるでしょうね。

Img_4030
ということでギリギリ富士山に沈む夕日を見ました。
2月初旬にはダイヤモンド富士になるそうです。

Img_4062
市川駅でゴール、完歩おめでとうのポスターに迎えられました(^^)

Img_4087
本日のお土産と頂き物

道の駅いちかわで買物をして駅ハイ特典のペットボトルを頂きました。

door to doorで30,726歩、19.97kmのウォーキングでした。
寄り道しすぎ(^^;)

|

« 岐阜・愛知・静岡城巡り 三日目 | トップページ | 古きを温め、侘び寂びを楽しむ城南五山 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 岐阜・愛知・静岡城巡り 三日目 | トップページ | 古きを温め、侘び寂びを楽しむ城南五山 »