« 港町を感じる銚子ハイキング | トップページ | ブログを引っ越します »

2021年12月18日 (土)

マトリックス・レザレクションズ

320_20211218165001
マトリックスシリーズの18年振りの新作「マトリックス・レザレクションズ」を観てきました。
監督はウシャウスキー姉妹(元兄弟(@@))、主演はもちろんキアヌ・リーブスです。

近年はこの手の昔の名作の続編、焼き直し、リブート、スピンオフが大流行。
上映前の予告も殆どその類い(^^;)

640-2_20211218165001
サンフランシスコで過去に大ヒットゲーム「マトリックス」を開発したトーマス(ネオ)はセラピストから処方された青いピルを飲みながら精神を安定させて生きてきた。
しかし世界に違和感を感じ、カフェで時折出会う女性ティファニー(トリニティー)に妙に親しさを覚える。
そんな生活の中、勤務先のビルが非常事態に陥り再びマトリックス世界から現実世界へと帰還する。

というのが今回の映画の前段、マトリックス世界で別人として生きていたトリニティーや、再び現れたエージェント・スミス、モーフィアス、新たな登場人物達が入り交じります。

640-3
上映時間148分と長尺。
物語前半のかなりの部分でネオが年を重ねた事、演じる役者が変ったモーフィアスやエージェント・スミスなど外見の変化の説明が設定として語られるのが若干冗長というか退屈(^^;)

過去三部作に登場した人物達も再登場したり、何と言っても主役のネオとトリニティーの演者が変らないという所が価値があります。
いやぁキアヌ・リーブス、おじさんになってもやっぱり若いですねぇ!
キャリー=アン・モスも頑張っています。

640_20211218165001
マトリックス世界と現実世界の間はいつも何故か日本。
それも欧米人のイメージする日本なのでコテコテです(^^;)
ネオは畳の上では靴を脱いで欲しいですねw

降ってくる緑色のコードもカタカナの反転なのは日本バージョン?他の国でもそうなのかな。

いずれにせよ、若干冗長な所と相変わらず分かりにくい話でしたが、正当なるマトリックス三部作の続編。
どうやら新三部作になるようで楽しみにしています。

次作はもう少しテンポ良くなると良いな。

|

« 港町を感じる銚子ハイキング | トップページ | ブログを引っ越します »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 港町を感じる銚子ハイキング | トップページ | ブログを引っ越します »