2021年9月17日 (金)

彼岸花

Img_0485_20210917171001
今年も彼岸花を見に行ってきました。

Img_0500
タイミング的にはあと3~4日後がピークな感じですが、台風が来るのでその前にと。

Img_0504
この辺りは一見巾着田の様に見事。
(巾着田は今年もコロナ対策で刈り取っちゃうみたいですね…)
住宅街の中にある緑地公園内ですが木陰の彼岸花の群生を手入れして広げているそうです。

Img_0525
赤一色の中に所々白や黄色のものも咲いてアクセントになっています。

Img_0516
彼岸花を満喫しました(^^)

| | コメント (0)

2021年5月15日 (土)

墓参→丘の上バラ園

Img_5973
5月は夫の両親共に命日のある月なので墓参へ。

良く真夏と真冬に亡くなる人が多いと言いますが、我が家の身内は何故か5月に亡くなる人が多いのです。
(夫両親、伯父、叔母、自分の叔母)
次は8月も多い。(しかもお盆の頃)

Img_5993
墓参の後はランチをして

Img_6009_20210517155101
御宿の海をぶらっと散歩。

Img_6045
帰り道の大多喜にある「丘の上バラ園」へ。
既存の施設がオーナーチェンジしてバラ園になったそうです。

Img_6168
敷地内に建つ英国風の建物がマッチしています。

Img_6094
本来はホテルでチャペルもあります。

Img_605
色とりどりなバラが咲いていました。

Img_6149
ハーブティーで人一息。

Img_6175
丘の上にある癒やしの庭園でした。

| | コメント (0)

2021年3月19日 (金)

三陽メディアフラワーミュージアム

Img_3598
コロナ禍の非常事態宣言以来、すっかりウォーキングがてら訪れるようになった三陽メディアフラワーミュージアム。
春を迎えて花が増えて来ました。

Img_3575
千葉らしく菜の花や

Img_3557
スイセンなどの春の球根花が一斉に咲き出して

Img_3564
うつむいて咲くクリスマスローズ。

Img_3587
これから初夏までが一番華やかですね。

Img_3610
帰りは生鮮市場の食堂でランチ。

Img_3533_20210320143801
往復のあちこちで早咲きの桜が花盛りでした。

| | コメント (0)

2021年3月 5日 (金)

新川千本桜

Img_3245
印旛沼の放水路として江戸時代~戦後にかけて掘削された印旛放水路は新川と呼ばれており、両岸には多くの桜が植えられています。
今の時期は河津桜が見頃で行ってきました。

道の駅やちよに車を停めて歩きます。

Img_3290  
先日の暴風で大分散って葉桜になってきましたが、まだまだ見頃。

Img_3181
ここは八千代市なので上空では第一空挺団が訓練中です。

Img_3291
桜を見ながらウォーキング。

Img_3215
川縁では多くの野鳥や水鳥が見られ、画像のオオバンの他にもカワウ、サギ、カモ、ウグイス、カワセミ、モズ、ヒヨドリ、ヒバリetc.と花見と思っていたら野鳥観察大会に(笑)
下流の花見川も多くの野鳥が見られますが、新川も豊富。

Img_3223
春の野草も足下に。

Img_3263
春を満喫しました。

Img_3295
散策の後は駐車場代かわりに道の駅でお買い物。

Img_3300
本日のお買い物。
イチゴが豊富でした~。

| | コメント (0)

2020年10月 2日 (金)

村上緑地公園の彼岸花

Img_9921
村上緑地公園の彼岸花を見てきました。
住宅街の公園の中にあります。

Img_9872
今年は彼岸花の開花が例年より10日程遅れているようでちょうど今が見頃。

Img_9903
公園の中ではありますがボランティアの方が手入れしているそうでなかなかの規模です。

Img_9880
林の中には山栗も。

Img_9860 
久しぶりにのんびりしました。

| | コメント (0)

2020年6月27日 (土)

大賀蓮

Img_7352
千葉公園の大賀蓮が最盛期ということで行ってみました。
大賀蓮というのは千葉市内の2,000年前の地層から発掘された蓮の種から育った古代蓮で、発掘栽培を指導した大賀博士の名がつけられています。

Img_7363
古代ロマンあふれる大賀蓮は日本中に寄贈されて育っていますが、発祥の地千葉市の花となっていて千葉公園では大規模に育てられています。
エピソードも姿も魅力的。

Img_7384
多くの人が訪れていましたが、元々蓮池は一方通行な上マスク着用にソーシャルディスタンスが保たれていました。

Img_7378
色々な場所に住んだり訪れたりしましたが、各地で大賀蓮を見る事ができるので嬉しくなります。

| | コメント (0)

2020年3月21日 (土)

千葉市動物公園

Img_5776 
連休ですが近場で気張らしシリーズ。
本日は千葉市動物公園です。
やはり同じような考えの方が多いのでしょう、駐車場は早い時間から埋まっていました。

Img_5789
千葉市動物公園は15年前に直立するレッサーパンダの風太で一世を風靡(?)しました。

Img_5786
風太は今でもいます(^^)
おじいさんなので寝ている時間が増えたそう。

Img_5806_20200322141001
小動物展示も多いのですが

Img_5793
ライオンやゾウ、キリンもいます。
一種類につき頭数を絞っているのでゆったりした飼育環境ですね。

Img_5850
また、千葉市動物公園にはハシビロコウもいます。
いつも上野動物園に行っているので個人的にはレア感が無いのですが、ハシビロコウを飼育している施設は国内でも少ない(全国で8施設)ようですね。
因みに動かない鳥で有名ですが、このハシビロコウはむちゃくちゃ動いていて撮るのが難しかったです(^^;)

Img_5857
人に興味津々なアシカ

Img_5882
草原ゾーンは色々な動物をゆったり展示。

Img_5874
桜やコブシの花が開花。

Img_5890
園内のあちこちでピクニックの家族連れが

Img_5933
手ぶらでBBQのコーナーがあったのでBBQでお昼に。
何も用意しなくていいので手軽で良いですね。
食材持ち込みも可のようです。

Img_5959
最後はふれあい動物の里コーナへ。
ここは大人気、餌やり体験やふれ合い体験ができます。

Img_5955
馬やポニーも一杯いました。
立派な厩舎もあってびっくり。

Img_5963
定番の引き馬もありますが、こちらは馬が大き目(ポニーもあり)なのが特徴ですね。

Img_5970
ウサギもいっぱい。

Img_5989
アルパカもいました。

身近な動物園でのんびり休日を楽しみました。

| | コメント (0)

2020年3月20日 (金)

三陽メディアフラワーミュージアム

Img_5711
好天の連休ですが旅行は自粛、未だウォーキングイベントも中止が続き美術館も軒並み閉館中。
せめて近場でアウトドアな環境の中で気晴らしに出かけようということで、三陽メディアフラワーミュージアム(千葉市花の美術館)に行ってきました。
こちらは千葉市の施設ですがネーミングライツで現在の名称になっています。

Img_5696
アトリウムではイースターにちなんだ展示。

花にちなんだアート展示や資料館もあり植物園と美術館両方の性格を合わせ持っているところです。

Img_5718 
温室に入ります。

Img_5721
ヒスイカズラが咲いていました。

Img_5727
植物を見ていると癒やされます~。

Img_5755 
外へ出て隣接する海岸へ。
同じように考える方が多いようで家族連れで賑わっていました。

Img_5753
東京湾越しに富士山がよく見えます。

Img_5768_20200322134601 
ソメイヨシノは咲き始め。

Img_5762
桜蕎麦を食べて帰宅しました。

| | コメント (0)

2020年3月13日 (金)

外房へ

Img_5516
外房へお墓参りに行ってきました。
何度か書いていますが、地縁も血縁も無いのですが夫の両親のお墓は外房にあるのです。
お花はいつも途中にある道の駅で調達。

Img_5539
海辺を散策に行きましたが、風が強いので波が荒い。

Img_5549
お昼は元祖のお店で勝浦タンタンメン。
汗が(^^;)、身体が温まりました~。
多くのお客さんで賑わっていました。

Img_5566
帰り道にある菜の花の名所へ寄り道。

Img_5575
多くのカメラマンが狙うのは

Img_5578
菜の花の中を走る小湊鐵道。
ここは養老渓谷駅の近くです。
今回は寄りませんでしたが「チバニアン」もこの近所です。

Img_5585
本日のお土産

桜の花束があったのでぴいた用に。

| | コメント (0)

2020年2月22日 (土)

チャーリーズエンジェル

640b_20200225060001
「チャーリーズエンジェル」を見てきました。
往年のTVドラマシリーズで何度も映画化されています。
ストーリーは言わずもがなですが、謎の富豪チャーリーの美人探偵(エンジェル)達が今回は新開発されたIT製品と開発者を巡る事件を追います。

640a_20200225060001
新しいエンジェル達は可愛いし、ガールズトークな場面もあったりチャリエンらしく場面ごとにくるくる変る衣装とファッションも目の保養。
三人+ボスレーも美人だし。

しかし今作はちょっと女性の主張が強すぎます。
私が見ても鼻につくのでチャリエンの主要視聴者であると思われる(旧世界な)男性陣には如何ばかりかと…。
寧ろ男性よりも女性に見て欲しいのかと。
登場するのは優秀な女性陣とダメダメか悪い男性陣しかいないという単純すぎる二面化。

640_20200225060001
しかしそういう所を無視すれば、普通に楽しめる作品です。
随所に往年のファン向けのサービスもありますし、ラストのカメオ出演ラッシュは嬉しい。

個人的に一つ突っ込ませて頂くと、作中イスタンブールの競馬場から脱出する勝負服に身を包んだエンジェルが引き馬されている競走馬を奪って疾走するシーンがあるのですが、競走馬の設定なのに鞍がウエスタンなんですね~。
最初は鐙が長いな、と思って見ていたのですがウエスタン鞍なので馬上の勝負服と激しくミスマッチ(^^;)
せっかく競馬場の馬たちがアラブで異国情緒があったのにそこはちょっと雑でしたね。

今作は一応新シリーズの開始という位置づけですが、次回作あるかなぁ?

| | コメント (0)

より以前の記事一覧