2020年6月19日 (金)

ロンドン・ナショナル・ギャラリー展

Img_7030
コロナのお陰で延び延びになっていた「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」が遂に開幕しました。
準備が完了されたまま展示室で3ヶ月開幕を待っていたのですねぇ。
我が家は12月に前売りを購入したので半年以上待っていました。

Img_7034
開幕4日間は前売り券、招待券、無料鑑賞者のみが鑑賞できます。
人場制限のためにネットかファミマで購入する日時予約制(30分刻みで週末は即完売らしい)、開幕4日間のみは現地で先着順で15分刻みの入場整理券を渡されます。
一日の入場者数に達したところで終了するのでなるべく早い時間に行かなくてはなりません。

Img_7037
雨の日の平日で夜間開館日なので大丈夫だろうと現地に10時着、で2時間半後の整理券をゲット。
15分刻みの指定時間に遅れると入場できないので結構シビア。
2時間半時間を潰します。

Img_7044
建物内には入れるので先に常設展やグッズショップを見てもOK。
因みに入館時に検温されます。

Img_7065
ロセッティの新収蔵品も展示されていました。

Img_7052
ミニ企画展示は「内藤コレクション展Ⅱ中世からルネサンスの写本」。
去年の秋の「内藤コレクション展ゴシック写本の小宇宙」に続いての展示です。

Img_7057
15世紀ごろの色鮮やかな写本の数々が展示されていました。

Img_7070
指定時間になりいよいよ「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」に入場します。
これだけ纏まった数の貸し出しは初めてとか。

展示数は61点と多くは無いのですが、大きな作品が多くまた名作の数々が揃っています。
フェルメールの中では余り評価が良くは無いとはいえ「ヴァージナルの前に座る若い女性」もOne of themでさらっと展示。
メインのゴッホのひまわりは、絵の具をベッタリと置くタッチも生々しく美しい。
クリヴェッリの「聖エミディウスを伴う受胎告知」は大きな作品で色合いも豪華で大迫力。
他にも有名作品が揃っていましたが、個人的にはアングルの「アンジェリカを救うルッジェーロ」を見る事ができて満足でした。

Img_7090 
今回のお土産

お決まりのクリアファイルにポストカード、ひまわりのタオルハンカチ。
大判ポストカードは購入しませんでしたが、額はちょうど好みのがあったので購入。

今回グッズに力が入っていてコラボはすみっコぐらし、ひまわりグッズも揃っていて充実していました。
開催できて本当に良かったですね。

| | コメント (0)

2020年6月 5日 (金)

神田日勝展

Img_6859 
再開したばかりの東京ステーションギャラリーに「神田日勝展」を見に行ってきました。
本来は4月18日~6月28日の会期ででしたが、コロナの影響で6月2日から6月28日と会期が短縮に、でも開催されて本当に良かったです。
再開した他の多くの美術館と同じように東京ステーションギャラリーも混雑を避けるために日時指定入場券を買う必要がありますが、東京駅周辺共通券だとその必要は無くいつでも入場できるので何気に楽でした。

神田日勝は北海道で開拓農民として生活しながら独学で絵を描き続けた人で、昨年のNHKの朝ドラ「なつぞら」で山田天陽のモデルになったと言われる人です。

厳しい開拓生活を送りながら身の回りの物を描き続け、既に高校生の頃から独自のタッチが完成していた天才ですが、作品が認められる前に過労で32歳という若さで亡くなってしまいました。
あと10年生きていればもっと楽に絵が描けたのではないか、もっと救われたのではないか、と日勝の苦闘の課程を見ると残念に思います。
しかしながら後生に広く評価されている作品は、世に認められようと変化を試みた作品群では無く、日勝独自のタッチの作品たちなのです。

プロレタリアートな作品群も見応えがありますが、とにもかくにも印象的なのは日勝が飼っていた農耕馬の絵たち。
絶筆といわれるのも「馬」で馬の姿が半分だけ描かれている有名な作品です。
この「馬」で彼の描き方が独特なのがよくわかり、通常油絵を描く時は全体のバランスを見ながら描き込んで行くと思うのですが、日勝はベニヤ板に鉛筆で迷い無く一気に下描きのラインを引き、順に頭から完成させて行くというスタイルでとても独特です。
そして、馬の絵がとても多いので実は馬好きにもお勧めの展覧会では無いかと思いました。

Img_6878
お土産はクリアファイルのみ、実は右の広告の柳月の展覧会コラボのビスキュイかあんバタサンも狙っていたのですが、展覧会が始まって4日目の午前だというのに既に売り切れ欠品!無念です…(^^;)
何故か「馬の絵の描き方」とか馬の書籍も何種類かありました。

Img_6862
ステーションギャラリーは程ほどに人が入っていましたが、外に出ると東京駅前も丸の内も平日日中だというのにほとんど人が歩いていません。
こんな東京駅は初めて見ました。
東京駅近辺は大企業の本社ばかりなのでテレワーク率が高いのでしょう。

Img_6870 
ガラガラの東京駅でランチを頂いて帰宅。
オフィス街にも人影少なく、旅行者もいなくてこんな事態が続いたら、家賃の高い東京駅のレストランやショップがどうなるか心配になってしまいました。

| | コメント (0)

2020年3月 7日 (土)

モーリス・ユトリロ展

Img_8219
ということで行ってきました、「モーリス・ユトリロ展」。
日本橋高島屋では開催されますが、コロナの影響で以降の京都店、横浜店では中止になりました。
日本橋店でも色々なイベント開催が中止になる中、このユトリロ展はなんとかセーフ。

しかし、こういっては何ですがデパートで開催するのが勿体ないくらいの内容でした。
ユトリロの作品を中心にユトリロの奔放な母(印象派のマドンナと言えば良い言い方ですが…)、その夫、ユトリロにあてがわれた妻、そしてこの展覧会で暗示されているユトリロの父候補の一人ルノワールにも焦点をあてた展覧会です。

ユトリロの代表作も揃い、個人蔵を中心に八木コレクションも出展。
遠近法、遠近法そしてまた遠近法の連続の白を基調とした街並み…。
それが室内に監禁されて絵はがきを元に描いていたと知り、実父不明、奔放な母に放置され酒漬けにされ金づるにされ、数ある画家の生涯の中でも最も悲惨な生涯では無いかと思いましたが作品には悲惨さは余り見えません。

充実した展覧会で2週間で終わるのが惜しいです。

Img_8233 
本日のお土産

グッズ類はまずまず揃っていましたが、コロナの影響が勿体ないですね。

展覧会にはそこそこ来場者がありましたが、デパート自体は閑散。
東京駅も外国人観光客が殆どいませんでしたし、こんな日々が続いたら経済はどうなってしまうのでしょうか。

Img_8224
高島屋の対面の丸善で早矢仕ライスを食べて帰りました。

| | コメント (2)

2020年2月21日 (金)

見えてくる光景-コレクションの現在地

Img_7750
長らく新築工事で休館中だったアーチゾン・ミュージアム(旧ブリジストン美術館)に行ってきました。
建て替えラッシュの日本橋~京橋周辺ですが、こちらも凄いビルが建ちました。

Img_7832
企業美術館ではありますが、建て替えでスタイリッシュな本気の美術館に変身。
ブリジストン美術館からアーチゾン・ミュージアムに改名と聞いた時は「わかりにくいしいっそ石橋美術館でもいいのではー」と思ったのですが、訪れて隅々にまで気合いの入った造りを見てその命名に納得。
アーチゾンとはART(美術)とHORIZON(地平)を合わせた造語だそうです。

Img_7751
現在の企画展は「見えてくる光景-コレクションの現在地」と題して開館記念として大盤振る舞いのベスト・セレクション展となっています。
因みに一部を除いて基本的に撮影可となりました。

更にアーチゾン・ミュージアムとなって時間予約制の入場になったのですが、東京駅周辺美術館共通券だと予約が不要でいつでも入場できるのです。
東京駅周辺美術館共通券、お得ですよ~。
1月から発売していますが既に完売場所も出ています。

Img_7757
早速入場します。

Img_7759
ルノワールのシャルパンティエ嬢に

Img_7769
モネの黄昏、ヴェネツィア

Img_7765
お馴染み、セザンヌの山など

Img_7762
新蔵品のカサットの日光浴も印象派の優品が多いのですが

Img_7767 
こちらはなんといっても青木繁の代表作が揃っていることです。
有名な海の幸(重文)や

Img_7824
わだつみのいろこの宮(重文)も。
他にも青木繁作品がかなり揃っています。

Img_7772
他にもピカソや

Img_7776
現代アートや

Img_7821
彫刻類などなど

Img_7798
200点以上の大満足の展覧会でした。

Img_7838 
アートでお腹一杯になった後は天丼でお腹一杯に。

Img_7854
本日のお土産

ミュージアムショップもグッズ類が豊富で結構お手頃。
寝そべるぱほりんは東京駅にあるNHKショップのガチャで(笑)

| | コメント (0)

2020年2月14日 (金)

奇跡の芸術都市バルセロナ展

Img_8917
東京駅の中にある東京ステーションギャラリーの「奇跡の芸術都市バルセロナ」展に行ってきました。

スペインのカタルーニャ自治州の州都バルセロナとそこで活躍した作家の芸術の展覧会です。

Img_8926
ピカソやミロ、ダリなど近代アートがメインですが、それ以前の作家の作品も豊富に。
絵画作品だけでは無く、バルセロナといえばガウディですが、流石に建築物はもってこれないのでガウディ作の扉や家具、バルセロナの作家の工芸品などなど様々なアートが展示されていました。

Img_9274
本日のお土産

定番のクリアファイルとポストカードです。

| | コメント (0)

狩野派 画壇を制した眼と手

Img_8903
出光美術館で始まった「狩野派 画壇を制した眼と手」を観てきました。
撮った画像がこれだけ(汗

室町時代から江戸時代にかけて400年もの間日本の画壇に君臨した狩野派の作品の展覧会です。
狩野派というと武家好みの豪壮華麗で派手派手な作風がイメージされますが、そういうものばかりでは無く水墨画のような作品や、京風の作品もあり様々な作風があるのだなと思わされました。

| | コメント (0)

2020年1月31日 (金)

東京芸術大学 卒業・修了作品展

Img_7238 
ハマスホイ展の後は同じ東京都美術館と芸大校舎内で行われていた東京芸術大学の卒業・修了作品展を拝見。

ここは工芸のコーナー。
以下、気になったのをUPします。

Img_7244 
工芸

Img_7247
工芸

Img_7250
彫刻

Img_7259
先端芸術表現(だったと思います)

Img_7266
油絵

Img_7295_20200203152801  
日本画

Img_7300
都美を出て芸大の構内へと移動。

Img_7311
学食でランチ。
お手頃で美味しい(^^)

Img_7315
芸大校舎は眺めが良いことを知りました。
東博越しのスカイツリー。

Img_7340
校舎内は基本一部屋一人の展示。

油絵

Img_7355
先端芸術表現

Img_7376
彫刻

Img_7381
彫刻

Img_7395 
デザイン(工芸かも)

Img_7405
学部を失念、綺麗でした。

校舎を三カ所廻ったところでタイムアップ。
流石に芸大、プロ級の作品も散見されました。
(成績優秀者の作品はショップで販売されています)
しかし個人的には前衛アート系はやはり難しい…。
また来年も楽しみです。

| | コメント (0)

ハマスホイとデンマーク絵画展

Img_7223
東京都美術館で始まった「ハマスホイとデンマーク絵画」展に行ってきました。

北欧のフェルメールとも呼ばれているハマスホイとデンマークの絵画の展覧会です。
デンマークという寒さの厳しいお国柄だからでしょうかハマスホイも他に展示されているデンマーク絵画も室内の絵が多く、そして描かれている人物はこういう手法が主流だったのか背を向けて顔をこちらに向けない物が多いのです。
鑑賞者と視線が合わない分絵の主張が減じて静謐というか無機質な印象があります。

以前鑑賞したスウェーデン画家のカール・ラーションは同じ北欧の画家で絵のテーマがアットホームな所は共通項だと思うのですが、絵から受ける印象が随分違うのは色合いと上記の様に人物が背を向けて視線を合わさないからでしょうか。

正直に言うとハマスホイよりもその前座的なデンマーク絵画の方が興味深かったです(^^;)

Img_7230
本日のお土産

定番のクリアファイルとポストカードとミニタオル。

地味な印象のハマスホイ展ですが、グッズ製作とは相性がいいのか?大充実していました。
特にポストカードの種類が多かったです。

ハマスホイ展の後は東京芸大の卒業制作展に行きましたが記事を分けます。

| | コメント (0)

2020年1月24日 (金)

代々木発、歴史とアートを楽しめる感動の街歩き

Img_6635
JR東日本の「代々木発、歴史とアートを楽しめる感動の街歩き」に参加しました。
このコースは代々木駅の近くの東京スクール・オブ・ビジネスの生徒さんが考えて受付とゴールも担当しています。

Img_6638
MAPを受け取りスタートです。
代々木周辺は専門学校が多いのでお手頃な飲食店も豊富。

Img_6640
そしてまたもややってきた鳩森八幡神社。
イチョウの木はすっかり落葉しました。

Img_6647 
東京体育館です。
改修工事も終了した感じ?

Img_6691
国立競技場です。
右端の五輪のモニュメントは角度が違う方がモニュメントとメインスタジアムが両方入って良いと思うけど。
なぜこの位置と角度?
何か意図があるのかな?

Img_6664
先月も来ましたがオリンピックミュージアムに入ります。

Img_6673
展示内容も結構変わるようです。
前日に発表された代表選手団の公式スーツがありました。
ケース展示も先月とは変わっていました。

Img_6709
国立競技場の中には入れませんが、搬入口が開いていて内部が垣間見えました。
オリンピックが近づいてるのですね~。

Img_6711
キラー通りを歩いて

Img_6721
参加者特典で割引になるワタリウム美術館に入場。
こちらは初めてです。
現在の展示は「フィリップ・パレーノ展」。

Img_6738 
このコーナーはインスタ映えするのかもしれません。

Img_6763_20200126170701
青山通りを歩き

Img_6766
表参道を進み

Img_6773
隠田キャットストリート商店街を歩きます。
江戸時代には富岳三十六景「隠田の水車」にも描かれた場所で渋谷川(隠田川)を塞いで暗渠化したものが遊歩道になっています。
東京は暗渠化した川が至る所にありますね。

Img_6776 
ファイアー通りを進み

Img_6784
改修工事の終わった代々木競技場の裏の石垣はまるで城壁の扇の勾配。

Img_6791
その代々木競技場です。

Img_6799
明治神宮に来ました。
今日も多くの外国人観光客が訪れています。

Img_6806
ミュージアムやショップ、レストランも次々に建って近年の明治神宮の観光地化に驚きます。

Img_6833
参宮橋方面に向けて代々木ポニー公園。
オフシーズンで引馬もないからかまったりムード。

Img_6843
代々木商店街を抜けて

Img_6846
東京スクールオブビジネスでゴールです。

Img_6850
お疲れご飯は代々木に来たらいつも食べる餃子で。

door to doorで23,926歩、15.55kmのウォーキングでした。
 

| | コメント (0)

2020年1月10日 (金)

群馬高崎旅行一日目

Img_5659
群馬は高崎に一泊二日で行ってきました。
メインはお城です。

埼玉時代は関越道が近くて水上や伊香保など日帰りでよく行っていて手前の高崎に泊まりがけとか考えられなかったのですが、今や千葉からは結構な距離で関越に辿り着くまでが長い(汗
そんな微妙な近場に関東最後の100名城が残っています。
もっと早くから計画的に100名城を廻っていれば…。

さて、一日目は観光代わりにJR東日本の駅ハイ「高崎の街並みと『観音山』を巡る自然満喫ハイキング」です。
高崎駅近くの駐車場に車を止めて高崎駅の観光案内所で受付後、MAPを受け取ります。
しかしこのMAP、駅ハイ用ではなく高崎のハイキングコースMAPで大変大雑把、街中はともかく観音山山中で結構苦戦しました。

Img_5660
高崎駅から出ます。
空気は冷たいですが、雪も無く快晴で良かった。

Img_5673
暫く歩くと高崎城です。
井伊直政が築いた城で、現在は高崎市役所始め公共施設が建ち並んでいます。

Img_5675
櫓の隣には最初のスポットの群馬音楽センター。
目の前(右端)にある電話ボックスはコントラバス型です。

Img_5690 
和田橋で鳥川を渡ります。

Img_5695
「山田かまち美術館」です。
17歳で亡くなった山田かまちの美術館、一昔前にブームになった記憶があります。
若者らしい繊細さと感性、10代とは思えない才能が同居、かまちとは世代が近いので彼の生きた時代がオーバーラップしました。
それにしてもとても恵まれた人だったのだなぁと。

Img_5700
そろそろ観音山の登りが始まります。
(そもそもこの時点で道が何本もあるのにMAPに目印が無い(^^;))

Img_5717
クネクネと登り坂を進んで参道に入ります。

Img_5752
高崎のランドマーク、高崎白衣大観音です。
1936年に実業家・井上保三郎によって作られた高さ41.8mの観音像で体内を肩まで登れます。
私は続く登り坂でへたばったので体内はパス、夫のみ登りました。

Img_5754
観音像の前に慈眼院にお参り。
関東八十八所だそうです。

Img_5790
ここでまた若干分かりにくい道を辿って染料植物園へ。
植物園自体が広いのですが、冬枯れですし本日のウォーキングは結構ハードなので植物園散策は省略して展示施設の工芸館を見学。
日本伝統の染色に関する展示です。
今の展示は「草木染めの美・冬」。
草木染めの体験も出来るようです。

Img_5806 
温室もあったので散策して暖まりました。

Img_5768
本来は遊歩道からひびき橋を渡って抜けるのですが、遊歩道が工事中で通行止め。
元来た道を戻って大回りします。

Img_5766
尾根道を歩きます。

Img_5822
階段を降りて洞窟観音です。

Img_5842
400mの洞窟に36体の観音像と10体以上の仏像を配置した胎内巡りです。
見応えはあるもののThe昭和な施設が山中で良く生き残っているなぁと思いましたがそれは理由があって

Img_5866
付属の(寧ろ今ではこちらがメイン)徳明園があるのです。
ここは群馬有数の紅葉スポットでもある名園です。

Img_5883
冬枯れの今は庭園の構成がよくわかります。
紅葉時期に来てみたいけれど混むでしょうねー。

Img_5918
更に分かりにくい道を登って清水寺です。
その名の通り京の清水観音を坂上田村麻呂が勧請したといいます。
清水寺を模したのか山門も本堂も懸造り。

Img_5922
参道をどんどん降りて行きます。(山門を振り返ったところ)
下りで良かった…。

Img_5941
更にどんどん下って市街地に戻ります。
今度は聖石橋で鳥川を渡ります。
河川敷の草木が倒れていて昨年の台風19号でかなり川が暴れた様です。

Img_5958
高崎公園です。
高崎で2番目に古い公園だそうです。

Img_5981
最後のスポットの高崎市役所です。
高崎城址に立つ地上21階のタワーです。

Img_5991
21階の展望台からの眺めです。
高崎市内から上毛三山(妙義山・榛名山・赤城山)を臨む現代の天守閣と言ったところですね。
奥に白く雪を抱いた浅間山や谷川岳も見えます。

Img_6009
高崎駅に戻りゴール。

本日はdoor to door(宿まで)で29,500歩、19.17kmのウォーキングでした。
距離もさることながらアップダウンが多いので結構きつかったです。
最適な季節は春か秋だと思うのですが、気温の低い冬で助かりました…。

Img_6028
車をピックアップして一路宿へ。

Img_6060 
チェックイン後早速温泉に浸かってウォーキングの疲れを癒やし

Img_6080
夕食を食べたらバタンキューでした。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧