2017年2月18日 (土)

幸神社→相国寺→青蓮院→知恩院→安井金毘羅宮→仲源寺

002
本日も洛中の神社仏閣を回ります。

始めに幸神社、創建ははっきりしませんが661年に再興というのでかなりの古刹であるのは確かです。

004
小さな社ですが、京の都の鬼門除けの神社でありまた縁結びの御利益があるそうです。
幸神社という名がめでたいですね(^^)

京都御所の猿が辻、幸神社、赤山禅院、日吉大社の都の鬼門除けラインを構成する一つ。

020
本日のメインは相国寺。
創建は1382年、臨済宗相国寺派大本山。
金閣寺や銀閣寺は相国寺の塔頭寺院です。

相国寺は度々の戦乱や火災で焼失と再建を繰り返しつつも妙心寺や大徳寺の様に広大な寺領を誇っています。

031
相国寺内には相国寺と相国寺派の寺院が所有する文化財と美術品を収蔵・展示する承天閣美術館があります。
現在は「伊藤若冲展・後期」を開催中。

京都の寺社を回っていると若冲の作品はあちこちで目にしますが、今回の展示は若冲とゆかりの深い相国寺内で酉年に因み若冲の得意とする鶏を始めとした様々な鳥の絵を展示する展覧会。
若冲の描く鶏は生き生きとして可愛い。

044
相国寺に隣接する地域は同志社のキャンパス。
煉瓦の建物の並ぶ様がとてもいい雰囲気。
京都には数多くの大学がありますが、キャンパスの雰囲気が随一なのは同志社でしょう。

038
ランチはその同志社の寒梅館のカフェで。
一般の人も気軽に入れます。
お値段手頃でこじゃれていて良い学食ですね。

045
次は東山に移動して良く前を通るものの未訪問だった青蓮院。
1150年の創建の門跡寺院。
江戸時代には仮仙洞御所にもなった史跡。

072
Wikiを読むと色々ある様ですが、観光客としては便利な場所にあって見どころの多いありがたい寺院です。
撮影がほぼ自由なのも嬉しいところ。

088
堂宇内だけではなく庭園に降りて散策できます。
この庭園は室町時代の相阿弥作庭。

104
この格のお寺で鐘撞き自由というのもなかなかありません。
良い音しますよ♪

120
次はお隣の知恩院。
前回訪れた時は時間切れで庭園拝観ができなかったので再訪問。
1175年創建の浄土宗総本山です。

現在、非公開文化財の特別公開期間で大方丈・小方丈・方丈庭園が解説付きで公開されています。

122
方丈庭園は江戸時代の作庭。

148
別料金の友禅園は昭和の作庭。
友禅染の始祖、宮崎友禅を記念した庭園です。

152
次は安井金毘羅宮。
1695年創建の縁切りで名高い神社。
雨がぱらつき出しましたが、今日もほぼ女性ばかりの大行列です。
たまにカップルで並んでいる方もいますが…。

155
縁切り縁結びのお札もインパクトありますが、こちらは絵馬に綴られているストレート過ぎる願いが凄い。
とても撮影する勇気がありません(^^;)
京都観光の際には是非ご一読を。
しかし、募る怨念を絵馬に毒吐きすることで厄払いできたらいいかも。次は一人で書きに行こうかな。

157
更に祇園をブラブラ。

158
期間限定ショップのエルメスを冷かしたり

160
ふらっと入った仲源寺は眼病に霊験あらたかだそうです。
これ以上近視と老眼が進みませんように(=人=)
町中にある小さなお寺ですが平安時代の創建で、意外に大きな仏像が鎮座しています。

180
夜ご飯は先斗町で。

187
本日のお土産

全て相国寺承天閣で、若冲のクリアファイルと手ぬぐい二種です。

| | コメント (0)

2016年10月 9日 (日)

京都ミネラルショー2016

Dsc01655
今年もやってきました。
京都ミネラルショー(石ふしぎ大発見展)2016です。

Dsc01660
年に一度の鉱物のショーなので楽しみにしていました。
見ているだけでわくわく。

Dsc01674
京都ショーは店舗数は多くありませんが、会場内を苦も無く回れるのが良いですね。
東京(池袋)ショーは店舗は多いし会場が2層に分かれてるし展示部分も広いので根性を出しても1周が精一杯(^^;)

何より無料なのが素晴らしい!
無料だから化石好きな子供たちも多いです。

Dsc01664_2
こんなガチャもありました。

001
本日の戦利品。

今年のテーマは赤茶色です。
ミネラルショーは石やら化石やら大量過ぎて何をどうすればいいかわからなくなるので近年はテーマカラーを決めて買うことにしています。

016
買った順に

今年の天然石の鳥はこれ。
この鳥を買ったので今年のカラーは赤茶に決定。
嘴の透明感のある石(ローズクォーツ?)と尾羽のごま塩(レオパードスキンジャスパー?)がお気に入り。

006
ミネラルショーですが売っていた馬の小物入れ。
割と良くあるのですが激安(1,000円)だったのでお買い上げ。
こういう雑貨系も多いのですよね>ミネラルショー

011
今年のクラスターはアラゴナイトです。
茶系のクラスター…と探していくとなかなか無い!
ぐるぐる回ってやっと見つけました。
形が珊瑚みたい。

019
スライスアゲート
香炉台にしようと探しました。
色はもちろん落ち着いた茶系、切り株みたい。
大きさもぴったり。

029
インカローズのペンダント
これは衝動買い、インカローズはこういう縞のある方が表情があって好きです。
お安くして頂きました~(^^)

今年も満足のミネラルショーでした。

| | コメント (0)

2016年10月 1日 (土)

修学院離宮→ルイ・イカール美術館→北村美術館

028
京都にある宮内庁管理の4施設の内、まずは修学院離宮に行ってきました。
宮内庁管理の施設は完全予約制と先の予約の立て難い我が家としては難易度が高く訪問が後回しになっていました。
今日の予約は7月初旬に取ったんですよ~(^^;)

そうこうする内にこれらの施設も先月から空きがあれば当日予約も出来る様になりました。
が、京都御苑内の施設ならともかく、修学院離宮や桂離宮なんて行って「満員です」と言われたら辛いですね…。
京都在住者でもそう思うから遠方の方はやはり予約が確実だと思います。

050
さて、離宮内は職員の方が解説しながら来場者を案内して下さいます。
こんな感じで集団で行動、写真撮影は可ですが人も写りこむしじっくり撮る事は難しいです。
それはそれでルールなので仕方がありません。
撮影できるだけでも良しと致します。

103
修学院離宮は元々は修学院という寺院の跡地だったところに江戸時代の始めに後水尾上皇が自ら設計をして造営した離宮です。
後水尾上皇は徳川二代将軍の娘を中宮にした天皇で、謂わば徳川の婿となり実権を手放す代わりに幕府の金で風雅に生きざるを得なかったお方。
明正天皇(徳川将軍の孫でもある女帝)の父です。

これはその辺りや造営の様子が描写されている杉本苑子の「月宮の人」を読んでいつか修学院離宮に行って見たい!と思っていました。

124
修学院離宮は周辺の田園風景も含めて計算されています。
これらの田畑は放置すればいずれ住宅地に変わっていくであろうということで戦後皇室が買い上げて、耕作は元地主が行っているそう。
収穫物も皇室は関知せず元地主が消費・販売しているそうです。

247
今は稲刈りが終わって彼岸花が咲いていました。

170
修学院離宮は起伏のある敷地に三箇所の離宮が授けられています。
ここはその最高地点の上離宮の隣雲亭。
隣雲亭は「月宮の人」最終シーンで登場するところで「ここがあの!」と感動しました(^^)

157
隣雲亭からの眺め。
大刈込み越しの池に背景は洛北の山々。
雄大な眺めです。

155
別の方向では京都の町並みが一望できます。
後水尾上皇による天下を睥睨する王者の庭とも言えます。

215
四季折々に良さそうですが、やはり一番良さそうなのは紅葉の時期でしょう。

224
海外の王族の来日時には時折修学院離宮に招待されている様です。

269
一部紅葉している所もありました。
紅葉時に再度訪問してみたいです。

300
修学院離宮にはお土産も豊富に揃っています。
その中からいつものように実用品を。
一筆箋の模様は後水尾上皇好みの花菱。

274
修学院から一山越えて八瀬比叡山口駅に程近いルイ・イカール美術館です。
こちらは瑠璃光院の院主がコレクションしたルイ・イカールの作品を展示する小さな美術館です。
期間限定公開ながら入場料は無料というありがたい施設。

277
コレクターの自宅に飾られているという設定の美術館です。
撮影も可。

284
美しい苔庭もあります。
絵もさることながら雰囲気がすっかり気に入りました。

302
ルイ・イカール美術館でのお土産。
グッズが豊富で目移りしました。
また額縁を買わなくては…。

293
そして最後に京都御苑に程近い場所にあるぐるっとパス関西の対象施設に寄ります。
北村美術館です。
ぐるっとパスで入場料が600円から500円に100円割引。

北村美術館は実業家の北村謹次郎の収集品を納める美術館です。
今回の展示は「茶事に招かれる」という設定の取り合わせでした。
正直茶道には不案内ですが、芸術品として鑑賞。結構なお手前でした(^^)

本日のぐるっとパス関西で割引になったのは北村美術館で100円。
累計で2,040円です。

| | コメント (0)

2016年9月 3日 (土)

鷲羽山→大原美術館→吉備路→湯原

011
前泊して岡山を縦断してきました。

日帰りは往復の時間がもったいないし流石に疲れる、1泊2日にするには暇が無い。
ということで夫が会社から帰宅後に出発して日が変わるギリギリ前に宿にチェックイン、翌日朝食後チェックアウトして観光にでかけました。

最初は鷲羽山からの瀬戸内海と瀬戸大橋です。
対岸は先日訪れた香川県。

023
瀬戸内海は島が多くて対岸も近い、海流も複雑だし大小の行きかう船も多くて見ていて飽きません。
そして岡山は花崗岩に松が生えていて乾燥している。
苔+モミジ+竹で湿度の高い京都とはやはり気候が違いますね。

047
倉敷に向かい、本日のメインイベントの大原美術館です。
美術館巡りにはまったきっかけになった所で、もう一度訪れたいとずっと思っていました。

幸い目当てにしていた絵は全て展示していたので満足。
全国に古い町並みは数あれど、大原美術館がある事が倉敷の価値を高めています。

053
大原美術館にはモネの庭から株分けされた睡蓮があります。
背景の壁とマッチしています。

064
大原美術館の日本庭園。
今回は本館、工芸・東洋館、分館、児島虎次郎記念館の全てを回りました。
いやぁかなりのボリューム、そして内容が多岐に渡っています。
特に本館のレベルは素晴らしい、基礎のコレクションを集めた児島虎次郎は綺麗な絵を描くしとにかくセンスが良いです。

079
ついでといっては何ですが、美観地区も散策。
倉敷も以前に比べて観光客が多い感じ。
全国的に増加傾向なのでしょうか。

107
北上して吉備路に向かいます。
正面の山は鬼ノ城址、吉備路のどこからでも見ることが出来ます。
再訪したいけど時間の関係で今回は割愛。

106
吉備路でこんもりした緑の丘があればそれは大概古墳です。
これは作山古墳、全国で10番目の大きさです。

125
まずはお昼を食べます。
岡山の県南でうどんといえば、ぶっかけうどん。

110
総社宮です。
境内の庭園は古代様式を今に伝える三島式庭園。
長い回廊も見所です。

148
次は備中国分寺。
ここの特徴は風土記の丘越しの五重塔。
国分寺単体と言うよりは、一体化した四季折々の風景が素晴らしいのです。
今の季節は秋の花と古代赤米の稲穂が揺れています。
因みにここもこんもりした緑は古墳です。

160
吉備路にある農マル園芸という巨大産直市場&園芸ショップでぶどう祭りが行われていました。

158
何十種類もの旬のぶどうがずらーっと並んでいます。
ショッピング♪ショッピング♪

175
更に吉備路を走って

181
備中一宮の吉備津神社です。
本殿拝殿は国宝、岡山居住時には大修理中だったので完成系を見たかったのです。

185
ここの回廊も長ーいです。
鳴釜神事でも知られています。
夕方になり観光はここでタイムアップ。

197
旅の終わりは温泉へ、ということで岡山道を北上。

Dsc00258
西の横綱砂湯です。
ダムが見える足元湧出の川辺露天(右下)で有名。
夫はこちらへ。

【湯原温泉砂湯】

入湯料:無料
ロッカー:棚のみ
ドライヤー:無し
備考:源泉かけ流し、石鹸類はNG

Dsc00252
私は湯原温泉街にあるこちらへ。
湯原も以前に比べると観光客が多い感じ。

【湯本温泉館】

入湯料:600円
ロッカー:有り(無料)
ドライヤー:有り(無料)
備考:ボディソープ、シャンプー

温泉の後は食事休憩を挟みつつ渋滞全く無し!の中国道で帰宅しました。

257
大原美術館でのお土産

グッズがお手ごろなので一杯購入しました~。
特に複製画は額装・マット加工込みで3,700円とお買い得。
購入した雅歌はほぼ原寸大です(^^)

252
ぶどう祭りのお土産

ニューピオーネ、翠峰、ゴルビーと黄金桃です。
粒が大きな立派な房ばかり。

256
湯原温泉でのお土産

温泉の素と手ぬぐいです。

弾丸岡山ツアーは楽しかったです(^^)

| | コメント (0)

2016年6月10日 (金)

福とたま展

Dsc08588
今年も寺町はオプトギャラリーで開かれている「福とたま」展に行ってきました。
お友達のたまさんが出店されています(^^)

Dsc08586
本日のお土産

去年のリングとセットアップになるロングネックレス。
シンプルでいてカンまで手作りの丁寧なお仕事なのです。

| | コメント (0)

2016年3月19日 (土)

光紡ぐ肌のルノワール展

010
京都市美術館で始まった「光紡ぐ肌のルノワール展」に行ってきました。

日本初公開の「昼食後」をメインに「かぎ編みをする女」や「うちわを持つ女」などの名品も来ています。
大作はなく、また作品数も少ないのですが、一般受けの良い綺麗な名品ばかりでなかなか見ごたえがあります。

今回京都のみの展覧会で巡回がないのがもったいない位の内容、ルノワール好きなら交通費をかけて京都に来ても良いかも?
そういう意味で、観光シーズンの京都での公開なのかもしれません。

040
本日のお土産

定番のクリアファイルとポストカード。

ルノワールのグッズは過去にあれこれ買っているので事前に持っているものをチェックしましたw

020
その後岡崎公園内のみやこメッセで開かれていた京都大物産展へ。

015
京都の工芸品や食品などの京都産の品々が並びます。
体験ブースなどもありました。

036
会場内でのみ有効のプレミアム商品券でお得に京都産の品々を購入しました。
ネクタイは西陣織で生地が控えめにキラキラ輝きます。(もちろん一本は馬!)

003
岡崎公園の桜は開花真近!

| | コメント (0)

2016年3月 5日 (土)

城南宮→モネ展

Dsc05956
梅が見ごろの城南宮に行ってきました。
入場券を購入する為の長い列~。
冬の間落ち着いていた京都は早くも観光シーズンインの模様。。。

Dsc06032
神苑に入ります。
枝垂梅が華やかな春の山。

Dsc06017
正に今が見ごろです。
梅の名所は数あれど、枝垂梅がこれほどまとまって咲くところは珍しいです。

Dsc06014
定番、梅にメジロ。

Dsc06004
人も一杯です~(^^;)

Dsc06081
梅を背景に椿が散る定番撮影スポット。

Dsc06095
苔が美しい平安の庭。

Dsc06113
室町の庭などスタイルの違う庭園が複数ありました。
桜の季節も良さそうですし、四季折々に楽しめそうな庭園でした。
こちらも京都の寺社では珍しく駐車場が無料なのもポイントが高いです。

Dsc06151
神馬みくじは中吉でした(^^)

Dsc06175
続いて京都市美術館で始まった「モネ展」です。
東京→福岡と巡回してやっと京都に来ました~(^^;)

モネが息子に譲ってその後、マルモッタン美術館に寄贈された作品群からなる展覧会、目玉は「印象日の出」です。
印象派の名の元になったモネの代表作で流石に美しく印象的な作品でした。
この一点はパンダ形式で前列は通過のみ、後列は立ち止まって鑑賞できる形。

モネ以外の作品などもありますしモネの家族や趣味が伺える興味深い展覧会ですが、ぶっちゃけて言うと印象日の出一点豪華主義な展覧会なので展示されている~3/21迄に行くのがお勧めかもしれません。
と、皆さん思っておられるのかとても混んでいました。

Dsc06209
展覧会の後は岡崎公園内でリニューアルオープンしたロームシアター2Fの京都モダンテラスへ。

ハイティーを頂きました。
和テイストのハイティが京都っぽいです。

Dsc06199_2
書籍を見ながらゆったりできるレストランでした。
次回は食事のできる時間に来てみたいです。

Dsc06258
ぶらぶらと歩いて先斗町に移動して

Dsc06233_2
京懐石を頂きました。
繁華街も観光客がぐっと増えてきましたね~。

Dsc06271
本日のお土産

城南宮名物の椿餅とモネ展でクリアファイルとポストカード等です。

| | コメント (0)

2016年1月31日 (日)

酒蔵みてある記 中本酒造店「山鶴」

Dsc04494
近鉄主催の酒蔵みてある記ウォーキング、中本酒造店「山鶴」に参加しました。
出発の菖蒲池駅で行列に並んで受付、MAPを受け取ってスタートです。

Dsc04497
駅の反対側に抜け蛙股池を対岸に渡ります。
この周辺は人工の池が点在していますが、この蛙股池は607年に作られた日本最古のダムで日本書紀でも読まれたそうです。
流石、古都奈良。

Dsc04504
蛙股池の畔にある菖蒲池神社です。

Dsc04521
明るい斜面に広がる住宅街を抜け

Dsc04528
坂を登ります。
このあたりは傾斜地なのでアップダウンの連続です。

Dsc04529
大和文華館です。
東洋系の美術品が集められているそうです。
参加者特典がありますが、今回はパスします。

Dsc04535
学園前駅を通り

Dsc04542
今度は大渕池に来ました。
これも対岸に渡ります。

Dsc04555
こちらも参加者特典(入場料割引)がある松柏美術館です。
日本画の上村松園、松篁、淳之三代の作品を集めた美術館です。
上村松園の絵が好きなので楽しみにしていました。

Dsc04548
美術館もさることながら、大渕池を望む庭園もいい感じです。
展示品も変わりますし季節を変えてまた来て見たいです。

Dsc04566
ならやま大通りを通り

Dsc04581
長弓寺です。
本堂は国宝。

Dsc04608_2
そして、本日のメイン中本酒造店に到着です。
創業は1727年、純米酒に拘る造り酒屋ということです。

Dsc04602
行列に並んで試飲します。

Dsc04590
甘酒+3種類の日本酒を頂きました。
結構なみなみ注いで下さいました~!(^^)

Dsc04606
試飲の後は酒蔵を見学して、直売所へ。
試飲の三種類の内、②のお酒を購入、重かったですw

Dsc04610
ほろ酔いで富雄川沿いを延々歩いて

Dsc04616
富雄駅でゴールです。

Dsc04620
本日のお土産

上村松園のコレクターズプリント「鼓の音」
たなかの柿の葉寿司と中本酒造のお酒。

柿の葉寿司はこれで4店目。
いくつのお店があるのでしょう?でもそろそろ簡単に手に入るのはこの辺りまでかな。

door to doorで21,629歩12.97kmのウォーキングでした。

| | コメント (0)

2015年12月31日 (木)

帰省・「英国の夢ラファエル前派展」・中華街

006
年末年始は横浜に帰省します。
混雑を避けるため早朝に出発。
基本的に逆向き(上り)なので帰省ラッシュはそれ程酷くはありません。

013
無事自由席に座れました。
これは滋賀あたりかな~、畑には霜が下りて朝霧が出ていました。

新横浜駅に弟に迎えに来てもらって、今年のお宿の弟の家に向かいます。
荷物を置いて一息ついてお昼ご飯を食べたら時間があったので

024
bunkamuraで始まった「英国の夢 ラファエル前派展」を見に行ってきました。
京都には巡回が来ないし元旦以外はbunkamuraは開いているので帰省時に時間があったら行こうと思っていました。

リバプールにある三つの国立美術館から来た65の作品から構成されています。
ラファエル前派の繊細なタッチで見ごたえのある作品が揃っていて満足。
いつみても萩尾望都というか少女漫画的な作品群です。
(多分あの時代の少女漫画家はラファエル前派を参考にした人が多かったのでしょう)

374
本日のお土産

いつものようにクリアファイルと絵葉書。
ラファエル前派が好きなのと絵葉書がお手ごろ価格(100円~)だったのでついつい沢山買ってしまいました。

入場券は近場の金券ショップで当日迄の券を購入していったので二人で3,000円の処が何と1,000円に!(関西人っぽくなってきましたw)

033
渋谷のスクランブル交差点。
最近はここで撮影する人が多いですね~。
ということで、おのぼりさんらしく撮ってきました。

042
ハチ公も注連飾りをしています(^^)

047
東横線で渋谷から元町・中華街まで一気に移動。
特急なので楽々です。
でも東急の特急は止まりすぎで普通の準急位な感じ。特急料金もないし。

055
一時期人の少なかった中華街も、今年は人出が多いです。
やはり外国人観光客が増えましたね~。

064
今年も年越しの宴会は萬珍楼です。
両親や弟家族と現地集合。

087
乾杯をしてスープから

091
今年も色々食べました。
画像が大皿だったり取り分けだったりしているのはご愛嬌。
家族全員揃って健康で食べられる事に感謝。

弟宅に戻って蕎麦を食べながら紅白を見て年越しです。

| | コメント (0)

2015年11月14日 (土)

真如堂→金戒光明寺→細見美術館

019
紅葉シーズンですがお天気が思わしくない週末です。
天気予報によると一日雨、午後から強く降るということで早い時間に紅葉を見ることにします。
予報に反して幸いにも雨はまだ降っていません。

坂を上って真如堂にやってきました。

071
紅葉は見ごろが始まった感じで、色づきが進んだところとまだ青葉のところがありました。

058
色とりどりの紅葉が映えています。

023_2
石畳に落ちた紅葉。

045
たくさんのモミジが植わっています。

128
本堂から書院に。
東山を借景にした涅槃の庭。

124
隋縁の庭。
真如堂は三井家の菩提寺なので三井家の家紋をモチーフに作庭されたそうです。
行事では三井グループ各社のトップが集ったり三井グループの社員さんも研修に訪れるとか。

169
紅葉の時期以外にも訪れてみたいお寺でした。

075
真如堂さんを辞する頃から雨が降ったりやんだり。

311
次はお隣の金戒光明寺です。
幕末に京都守護職の本陣が敷かれ新選組発祥のお寺だそうです。

214
特別公開中の書院の庭園。

236
庭園の中を歩けます。

237
雨に濡れた紅葉も風情があります。

249
ご縁の道のハート型の石。

266
坂を下りて

275
苔に落ちた紅葉。

294
お祈りするカエル。

303
こちらは特別公開期間だからかお土産コーナーがとても充実していました。

344
紅葉と冬桜。
雨がしっかり降ってきたので紅葉狩りはこれで終了~。

361
町屋カフェで遅いランチ。

389
色づく岡崎公園を過ぎて

393
細見美術館で開かれている「琳派のやきもの乾山」展に行ってきました。
尾形光琳の弟、尾形乾山が焼いた陶器の数々です。
大胆で華やかな色使いと意匠が素晴らしかったです。
今の京焼に通じる絵柄と色使いでした。

411
本日のお土産

金戒光明寺のお茶室で売っていたお饅頭と梯子した漬物屋さんでお漬物。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧