2019年11月30日 (土)

歴史と自然のまち松戸「千多堀」ハイキング

Img_3638
JR東日本の「歴史と自然のまち松戸『千多堀』ハイキング」に参加しました。
松戸駅で受付後MAPを受け取りスタートです。

Img_3642
駅前の通りを歩き始めます。

Img_3645
程なくして坂を登ると戸定が丘歴史公園です。
徳川最後の将軍徳川慶喜の弟、徳川昭武の屋敷跡で明治以降の近代徳川家の住居と庭園が公開されている唯一の場所です。

Img_3741
屋敷に入り庭園部分も期間限定で降りられます。

Img_3737
庭園は紅葉が綺麗。

Img_3753
1884年築の屋敷です。
所々に葵の意匠が散りばめられています。

Img_3802
庭園からは富士山も見えますが、後から出来たタワマンに邪魔されていますね~。

Img_3830
公園内には戸定歴史館があり、徳川昭武の遺品や慶喜伝来の品などを展示。
今の企画展は「1867年万博使節団の明治~サムライたちの選択」、激動の時代に懸命に生き抜いてきた昭武主従の記録でした。

Img_3854 
歴史館の周辺は紅葉真っ盛り。

Img_3888
売店で戸定あんぱんを、徳川葵を象ったあんぱんで「つぶあん」「抹茶あん」「コーヒーあん」が入っています。

Img_3895
戸定が丘歴史公園を出て坂を下り、再び登ります。
この周辺は丘陵地なので今日のコースは坂を登ったり下りたりが続きます。

Img_3906
松戸中央公園です。
旧陸軍工兵学校の跡地で当時の正門などがそのまま残っています。
千葉は割合軍事施設が多いですね。

Img_3919
松戸街道を進み

Img_3921
道を折れて住宅街へ

Img_3930
更に細い道に入り神明神社です。
神明神社とは江戸時代に新田開発の際に盛んに創建されたものでこちらもその一つ。
この周辺は1673年に松戸新田が開かれたそうです。

Img_3940
更に住宅街の中を登ったり降りたり

Img_3946
新京成線の松戸新田駅の横を過ぎます。
駅名にも残っているのですね。

Img_3956
更に進み千多堀湧水広場です。
住宅街の中に残された山林に囲まれた遊水池にある公園。
ここで一休み。

Img_3974
山林の中に入ります。
畑の上の紅葉が綺麗。

Img_3994
山林を出て武蔵野線沿いに歩き

Img_4011
21世紀の森と広場の中にある松戸市立博物館です。
今回は時間の関係で外観のみ。

Img_4037 
21世紀の森と広場は千多堀一帯の湿地帯や森林と言った昔からある自然を生かして整備された公園です。
東京ドーム11個分の広さの園内には様々な施設があり市民憩いの公園です。

Img_4058
今は紅葉真っ盛り。

Img_4103
東屋でしばし紅葉を楽しみました。

Img_4141 
森のホール21を横目に見て公園を出て

Img_4145
さくら通りを降りて

Img_4150
新八柱駅でゴール。

Img_4159 
お疲れご飯は新八柱駅近くで中華。

Img_4164
最寄り駅に戻ると駅のホームから富士山が見えました。

door to doorで27,389歩、17.8km」のウォーキングでした。

| | コメント (0)

2019年11月10日 (日)

「江戸から明治・大正・昭和・平成・令和」時代を巡るコース

Img_2272
JR東日本の「「江戸から明治・大正・昭和・平成・令和」時代を巡るコース」に参加しました。
巣鴨駅で受付後MAPを受け取りスタートです。
大正大学の学生さんが受付しています。

Img_2274
巣鴨駅前の商店街を歩き始めます。
商店街の軒の上には太陽光発電が。

Img_2301
眞性寺です。
中山道に面していて江戸時代には旅人が道中の無事を祈ったそうです。

Img_2282 
境内は菊まつり期間で賑わっています。

Img_2332
スタートしたばかりですが屋台のおでんで一息。

Img_2339
いつも賑やかな巣鴨地蔵通り商店街の高岩寺(とげぬき地蔵尊)です。

Img_2348
更に進んで行き、庚申塚も菊の花が並んでいます。

Img_2355
今回のウォーキングをコラボしている大正大学です。
仏教系大学で学内にさざえ堂があります。

Img_2358_20191112162801
こちらも菊の花で一杯。

Img_2368
住宅街の中を抜けて

Img_2391
石神井川沿いを歩きます。

Img_2397_20191112163101
加賀公園です。
江戸時代には加賀藩下屋敷だったところで、周辺の地名は加賀、都内ですが周辺に加賀・金沢の名がついた施設も多いです。

Img_2405
隣接して明治時代から終戦まで置かれていた陸軍板橋火薬製造所跡があります。
奥のコンクリートの建物は燃焼実験室、右の筒は弾薬性能を検査した弾道管です。

Img_2431
更に住宅街を進み

Img_2434
石神井川にかかる板橋です。
旧中山道にあり、板橋区の名はこの橋の名から来ているそうです。

Img_2447
仲宿商店街を歩きます。
旧中山道の板橋宿がありました。

Img_2460
板橋駅を横目で見て

Img_2464
新撰組局長の近藤勇の墓です。
江戸末期に処刑され首は京の三条河原に送られ墓はこちらに。

Img_2470
更に進んで宮仲公園にある皇后宮御歌の碑です。
1943年に香淳皇后が防空訓練を視察した時に詠んだ歌
「奈具散免無 古登能葉毛駕難 戦飛農尓波遠之能微轉 数具寿 也閑羅遠」
(なぐさめる言葉もありません戦場を偲んで過ごしている人々を)が刻まれています。
戦中に詠まれていますが反戦とも取れる歌ですね。

Img_2482_20191112160501
山手線の上から大塚駅越しにスカイツリーが見えるポイント。

Img_2497
最後のスポットの巣鴨プリズン跡の東池袋中央公園ですが、コスプレイヤーで一杯!

Img_2490 
コスプレのイベントだったのでしょうか、永久平和の碑は見つけられませんでした(^^;)

Img_2513
因みに隣は同じく巣鴨プリズン跡のサンシャインシティー、対面には乙女ロードという立地です。

Img_2522_20191112172201
いつも人で一杯の通りを道を歩いて

Img_2539
池袋駅でゴールです。

Img_2529
この後パレードの日にせっかく都心に来たのでサクッとラーメンでお昼を済ませて祝賀御列の儀を見に行くことに。
パレード見物の顛末は別記事でUPします。

本日はdoor to doorで27,404歩、17.81kmのウォーキングでした。
(パレード見物行きも含まれているので多め)

| | コメント (0)

2019年11月 2日 (土)

ネイチャーミュージアム!天空の石切り場を廻る鋸山絶景ハイキング

Img_1183
JR東日本の「ネイチャーミュージアム!天空の石切り場を廻る鋸山絶景ハイキング」に参加しました。
鋸山と後半訪れる鋸南町は先日の台風で特に被害が大きかった所で気にかかっていました。

浜金谷駅からほど近い鋸山案内所で受付後、MAPを受け取りスタートです。
本日は見所が多く画像が多めです。(これでも絞りました)

Img_1198
鋸山登山道につきました。
本来は三つある登山道の内左の車力道から上り真ん中の鋸山裏登山道から降りるコースでしたが、倒木被害の為左右の道は閉鎖中、今回は真ん中の鋸山裏登山道から上ります。
おそらく真ん中の道だけはこの日のために急いで復旧したのかと。
そして、裏登山道の名がある通り、ウォーキングというよりは軽登山でした(^^;)

Img_1205
いきなり直登階段が続きます。

Img_1250
岩場の様な所も、というか岩場の方が多かったかも。
ちょっとだけ鳥取の三徳山三佛寺を思い出しました。
鋸山登山道の方が角度は緩やかですが修験道な雰囲気が似ています。

Img_1259
登り道の所々で振り返ると青い海が見えます。

Img_1293
鋸山も台風15号の暴風被害が大きくて登山道の横でも倒木被害が。
登山道の上は残骸が片付けられています。

Img_1310
どんどん登って行きます。
坂路は苦手なんですよ~(汗

Img_1368
登山道脇には所々山野草が咲いていてくじけそうな心を励ましてくれます。

Img_1377
崩れた尾根道も応急処置がされて安全に通れるようになっていました。感謝!

Img_1430
岩の回廊が現れてきました。
鋸山は房州石という砂質凝灰岩の産地でその採石跡が鋸の様に見えるのでその名で呼ばれています。
(正式な名は乾坤山)

Img_1455
石切り場跡です。
切り立った岩が迫力~。

Img_1539
更に登ります。

Img_1553
観音洞窟と呼ばれるところ。
採石跡が神殿のよう。

Img_1571
切り通し状にになった石の回廊を抜けます。

Img_1636
急傾斜の石段を登り

Img_1669
東京湾を望む展望台です。
右下は金谷の街並み対岸は三浦半島。
空気が澄んでいれば左側に富士山が見える筈ですが、この日は地上が若干霞んでいました。
360度迄は行きませんが340度位は展望できて絶景です。
たくさん画像を載せたいところですが泣く泣く割愛。

Img_1704
せっかく登ってきましたが再び降りて緑の回廊を抜け

Img_1735
別方向に登って行きます。
今日のコースは坂道・階段を登ったり降りたり…。

Img_1758
ラピュタの壁と呼ばれる所です。
切り立った壁から青い海が見えます。

Img_1762
更にどんどん登って~

Img_1793_20191105112801
日本寺に到着しました。
725年開基の古刹で、鋸山の南側一帯が寺域となっています。
岩に穿たれた百尺観音です。

ここまで来れば車で登れる表登山道やロープウェイで登って来る観光客が多く見られます。
ここから後半は駅ハイの正規コースを外れて散策します。

Img_1792_20191105112801
上を見上げると地獄のぞきが、ここを目指して登ります。

Img_1822_20191105112801
地獄のぞきです。
採石で切り取られてオーバーハング状になった岩から下をのぞきます。
横から見ると余計に怖い(^^;)
ここも絶景です。

Img_1868_20191105112801
南側を見ると鋸南町。
やはりブルーシートに覆われた屋根が見られます。

Img_1876_20191105112801
登ってきた北側。
中央部分の帯状に茶色い部分は倒木地帯です。
暴風が吹き抜けた部分なのでしょう。

Img_1919
日本寺は広く見所が多いのですが、今回は倒木被害で閉鎖部分もあり、また体力の余裕が無いので御朱印を頂ける大仏広場を目指して降りて行きます。
途中の西国観音。

Img_1925
階段をひたすら降り続けます。

Img_1958
降りて降りて大仏広場まで来ました。
階段の連続で足が笑っています~~~。

Img_1974 
更に表参道側に降りて行きます。
薬師本殿。

Img_1969
参道脇も避けられた倒木が置かれています。
余り報道されていませんが鋸山全体もかなり酷かった様子。

Img_1982
緑の苔が美しい石の参道。
これも房州石なのかな。

Img_1987
源頼朝が武運を祈願した折に手植えをしたという樹齢800年を超える大蘇鉄。

Img_2008
1700年に建立の観音堂も被害を受けているようです。

Img_2061
日本寺の境内を出て海沿いの国道を歩いてゴールを目指します。

Img_2068
変化に富んだ海岸を見ながらテクテク。

Img_2107
金谷漁港に着いて金谷観光案内所でゴール!
後半は全く駅ハイのコースを無視してしまいました(^^;)
登山道はちょっときつかったですが変化のある道や風景が楽しく歩きがいがありました。

Img_2183 
車に乗り隣の鋸南町へ。
保田漁港直営で人気のばんやへ。
海沿いなので被害が酷いです、今は部分的に営業再開中。

Img_2148
生簀からあげられる新鮮な魚貝料理を頂きました。
お味の方は相変わらずです(^^)

Img_2189
続いて道の駅保田小学校です。
廃校した小学校が道の駅になってここも人気の施設ですが、商業施設が被害に遭って仮設の売り場で営業再開中です。
レストランや宿泊施設やお風呂は無事だった様です。

報道を見ていると民家の被害が目立ちますが、等しく被害を受けている訳では無く風の通り道によって被害があるところと全く無事なところとずいぶん違いました。
車から見た限りでは海沿いで眺めが良い立地の商業施設や豪華別荘は軒並み被害を受けた様子。
民家は元より集客できる重要な観光施設(鋸山・日本寺・ばんや・保田小学校など)が早く立ち直ると良いのですが。

Img_2199
本日のお土産

door to doorで19,509歩、12.68kmのウォーキングでした。

| | コメント (0)

2019年11月 1日 (金)

大堀川の自然を感じ、素朴な街並みを楽しむハイキング

Img_0946_20191103144501
JR東日本の「大堀川の自然を感じ、素朴な街並みを楽しむハイキング」に参加しました。
地元の江戸川大学の学生さん達が主体となってコースを検討し、受付も担っています。

柏駅構内で受付後、MAPを受け取りスタートです。

Img_0948
柏駅の西口側に降りて歩き始めます。

Img_0955_20191103144501
柏駅から離れて陸橋で国道を渡ります。

Img_0961_20191103144501
住宅街の中の緩やかな坂道を降りて行き

Img_0975_20191103144501
大堀川沿いを歩きます。
川沿いには大堀川リバーサイドパークという遊歩道が整備されています。

Img_1004_20191103144501
大堀川はその昔、利根川や手賀沼で採れた鰻を江戸に運ぶ際に中継地となったそうです。

Img_1023_20191103144501
大堀川沿いにある農産物直売所かしわでです。
近隣の農産物が売られています。
参加者特典もあり、ウォーキング後半だったら購入したいものがあったのですが残念。

Img_1032_20191103144501
大堀川から一旦離れます。
このあたりは柏市と流山市の市境です。

Img_1040
成顕寺です。
1,500年程前の龍神退治の伝承から建立された寺院。

Img_1036 
庭園に緑が多く落ち着いた佇まいでした。  

Img_1051
江戸川大学です。
本日の駅ハイをJR東日本とコラボしています。
構内は文化祭の準備でたけなわでした。

Img_1055_20191103160501
住宅街を抜けて

Img_1058
再び大堀川に戻り大堀川水辺公園です。
平常時は水辺公園ですが、大雨の際には水を溜める防災貯水池となります。

Img_1084
ススキが輝いていました。

Img_1093
住宅街を歩いて柏市内に戻り

Img_1095
東武野田線の豊四季駅前で折れて

Img_1097
東武野田線に沿って県道を進みます。

Img_1103
途中にお米の自販機が。
お米の自販機は初めて見ました。

Img_1115
県道を離れて豊四季台へ。

Img_1120
豊四季台公園です。
周辺は1964年の東京オリンピック時に造成された地域。

Img_1122 
街中を進み

Img_1125
柏西口第一公園です。
市民プールもあります。

Img_1134
D51も展示されていました。
あちこちに機関車は展示されていますが、ここのD51は状態が良好です。

Img_1137
さらに進み

Img_1138
柏駅でゴールです。

Img_1149
柏に来たからにはホワイト餃子、と思っていましたが営業時間にタッチの差で間に合わずステーキになりました。

door to doorで27,539歩、17.9kmのウォーキングでした。

| | コメント (0)

2019年10月19日 (土)

東京まちさんぽ 水天宮前駅~浅草駅

004_20191021163201
東京メトロの「東京まちさんぽ 水天宮駅~浅草駅」に参加しました。
水天宮駅構内で受付後、ヘルシアとMAPを受け取りスタートです。

014_20191021163201 
家を出る時は雨が降っていましたが、歩き出す頃には止んでいました。
明治座の前を通り

022_20191021163201
金座通りを抜けて隅田川へ。
まだ水量が多いですね。

029_20191021163201
暫く川岸を歩いて両国橋を渡って対岸へ。

042_20191021163201
猪鍋を出す老舗料理店がありました。
店頭には猪の剥製が。

067_20191021163201
国技館通りを通ります。
江戸東京博物館が最初のポイントですが、ぐるっとパスで良く行くのでパスします。

077_20191021163201
イチョウが紅葉の気配。
ちょっと早い気がします。

078_20191021163201
国技館です。
お土産屋さんが開いていたのでちょっと寄り道。

109_20191021163201
続いて旧安田庭園を通ります。
ここも敷地内の刀剣博物館に行く時にセットで来るところ。
こちらの池も水量が多いです。

124_20191021163201
ライオンの本社前を通ります。

127_20191021163201
清澄通りを歩き

136_20191021163201
駒形橋を渡って浅草側へ。

142_20191021163201
観光客で賑わう浅草寺雷門前を折れます。

150_20191021163201
雷門通りの舟和で芋ようかんで一息。

160_20191021163201
更に天ぷら屋さんでランチ休憩。

193_20191021163201
浅草十二階があった付近を通り

200_20191021163201
鷲神社です。
酉の市の準備が進んでいました。

208_20191021163201
なでおかめの口から賽銭をいれて参拝。

217_20191021163201
次は一葉記念館がスポットですが、これまたぐるっとパスで訪問済なので今回はパス。
「たけくらべ」の舞台を過ぎて

231_20191021163201
泪橋交差点を渡ります。
川は暗渠化されていて橋はありませんが、「あしたのジョー」では川が描かれ橋の下に丹下拳闘クラブがある設定です。

244_20191021163201
この周辺には簡易宿所が並んでいていわゆるドヤ街。
激安で観光に便利なので外国人観光客やバックパッカーも利用するようになっているそうです。

248_20191021163201
白鬚橋手前で折れて進み

250_20191021163201
浅草ものづくり工房です。
台東区の地場産業の「ものづくり」を支える為に将来の職人やクリエイターをサポートする施設で普段は非公開。
浅草エーラウンド「革とモノづくりの祭典」期間で公開しています。

258
地場産業の革靴を始め、手仕事の工房が公開されていて販売やワークショップも。

285
更に進み今戸神社です。

290_20191021163101 
こちらは縁結びの神社ということで女性の参拝者がとても多いです。

304_20191021163101
隅田公園も浅草エーラウンド「革とモノづくりの祭典」の会場になっていました。

311_20191021163101
地下に降りて隅田公園リバーサイドギャラリー入り口がゴールです。

317
リバーサイドギャラリーも浅草エーラウンド「革とモノづくりの祭典」の会場になっていました。

332_20191021163101
本日の頂き物

メトロは気前が良い~。

333_20191021163101
こちらはお土産です

door to doorで30,630歩、19.9kmのウォーキングでした。

| | コメント (0)

2019年10月 5日 (土)

「おいしい町」いすみ美食&潮騒癒しハイキング

020_20191007071001

JR東日本の駅ハイ「「おいしい町」いすみ美食&潮騒癒しハイキング」に参加しました。
大原駅からスタートして

032_20191007071001
いすみ市観光センターで受付後、MAPを受け取りスタートです。

035_20191007071001
駅近の商店街を通り抜け

052_20191007071001
外房線を越えて海の方へ向かいます。

因みに台風15号の影響ですが、千葉市街から外房へ向かう間に通った中では市原~久留里線周辺に被害が集中していました。
風速は千葉市が最高でしたが被害は限定的、離れた市原~内房に被害が大きいのは風の通り道だったのか竜巻でも起こったのか?
外房も見た中では被害は限定的な様子でした。

126_20191007071001
海に突き出た岬の上に小浜八幡神社があります。

120_20191007071001
この岬は小浜城跡でもあります。
戦国時代に築かれたお城です。
土塁に囲まれた主郭部分から。

089_20191007071001
主郭からの眺め。

131_20191007071001
神社の周囲は小浜城の堀切で海を眺めながらぐるっと回れます。

172
岬から降りて大原漁港へ。
周囲は船宿が並んでいます。

230_20191007071001
こちらで海鮮料理を頂きました。
名物の蛸飯などを。

264
大原漁港をぐるっと回ります。
昼どきとあって釣り客を乗せた釣り船が続々と帰ってきました。

270_20191007071001
大原漁港は日本有数のイセエビの漁獲業を誇るそうです。
毎週日曜日には朝市があります。
屋根が波の形ですね~。

280_20191007071001
海の直売所アルファです。
干物工場に併設されたお土産屋さんです。

277_20191007071001
こちらで駅ハイ特典のびわぜりーを頂いてサービスの麦茶で休憩。
良く冷えて美味しい(^^)

281_20191007071001
歩いている途中にあったいすみ鉄道形の自販機。
大原駅はJR外房線といすみ鉄道が通ります。

287_20191007070901
大原海水浴場です。
9月末の大原はだか祭の海中渡御はこちらで行われます。
この海辺は「万引き家族」でもロケされたそうです。

290_20191007070901
海から離れて

315_20191007070901
踏切はいすみ鉄道。

322_20191007070901
いすみ市役所の前を通り

340_20191007070901
椿公園です。
椿はいすみ市の花で、ふるさと創生基金で造られた椿の公園です。
公園は周遊できますが、今は椿の花はオフシーズンなのとアップダウンがきつそうなので吊り橋の上からサラッと。

370
街中に戻り、木戸泉酒造です。

377
木戸泉酒造は台風15号の時に被害を受けている中、他の被災者に充電や水、氷を提供していました。
ニュースで見てこちら方面に来たら是非お買い物しようと思っていたところに偶然大原の駅ハイがあったので参加した次第です。
お買い物をすると駅ハイの特典もあります。
いっぱい試飲もさせてもらいました(^^)

381_20191007070901
再び大原駅に戻りゴールです。

420_20191007070901
本日のお買いもの

工場直売の干物と木戸泉のお酒。
左上は駅ハイ特典の木戸泉のおちょこです。内側が笑顔(^^)

door to doorで15,912歩、10.34kmのウォーキングでした。

| | コメント (0)

2019年9月21日 (土)

東京まちさんぽ 二重橋駅~京橋駅

007_20190922155401
東京メトロの「東京まちさんぽ 二重橋駅~京橋駅」に参加しました。
夏休み明けで久しぶりのウォーキングです。
二重橋駅で受付後MAPとヘルシアを受け取ってスタートです。

018_20190922155401
地上に出ると丸ビルに期間限定の丸の内ラグビー神社がありました。
記念撮影スポットなども。

032_20190922155401
丸の内のオフィス街を歩きます。

037_20190922155401
有楽町駅前を過ぎて

045_20190922155401
東京ミッドタウン日比谷を通ります。
そういえば初めて来たかも。

065_20190922155401
日比谷公園の中を過ぎて

076 
国会議事堂前を折れます。
今日は周辺の警備が厳しいですね、何かあるのかな?

084_20190922155401
内閣府下を過ぎます。

086_20190922155401
途中おかき屋さんがあったので購入して休憩。

091_20190922155401
虎ノ門金毘羅宮です。
1660年建立。
鳥居に四神の彫刻があります。

101_20190922155401
虎ノ門ヒルズの前を通り

120_20190922155401
ウインズ汐留前を通り山手線の外側へ。

127_20190922155401 
浜離宮は参加者特典で割引がありますが、最近2度入場しているので本日はパス。

144_20190922155401
築地大橋を渡って勝どき方面へ

149_20190922155401
この辺りは高層マンションが林立しています。

170_20190922155401
築地市場は移転して解体中ですが、場外市場の賑わいは変わらない様です。
観光客で一杯。

174_20190922155401
錦市場の拡大版みたいですね。

182_20190922155401
一点豪華主義で大トロを。

215
歌舞伎座の前を通り

225
銀座まで行かずに昭和通に曲がります。

230_20190922155401
ゴールの京橋エドグラン前で灘の酒の試飲をしていたので頂きました。
灘にウォーキングに行ったとき 混み混みで試飲できなかったのでリベンジ?
ほんのり辛口で美味しかったです。

246
エドグラン地下でゴールです。

231_20190922155401
ゴール後、遅いランチを頂きました。

281_20190922155401
お土産と頂き物

おかきはお土産、ヘルシアと駅乃みちかのトートは頂き物です。

本日はdoor to doorで27,702歩、18kmのウォーキングでした。

| | コメント (0)

2019年7月 6日 (土)

TX&東京メトロ合同ウォーキング 六町駅~北綾瀬駅

008_20190708141701
TX(つくばエクスプレス)と東京メトロの合同ウォーキングに参加しました。
家を出る時には結構な雨降りで傘をさして駅まで向かいましたが、現地に着くと止んでいました。
普段のウォーキングなら雨降りなら中止しますが、ウォーキングは真夏は無くなるし今回は予約制だったので意を決して参加したら天気が好転、ラッキーでした。

ところで、つくばエクスプレスには初めて乗車、駅が深いですね~!
六町駅で受付後MAP等を受け取りスタートです。

019_20190708141701
スタートして程なく行列のお店が、ということで我々も並んで早速お土産を購入。
バウムクーヘンの名店の様です。

026
最初のスポット、元渕江公園内にある足立区生物園です。
足立区の施設で生き物との触れ合い施設。
ウォーキング特典で300円→200円に割引で入場。

033_20190708141701
建物に入ると正面に金魚の大水槽があります。
海水魚や熱帯魚などの大水槽は良くありますが、イベント以外の金魚の大水槽は珍しい。

035_20190708141701
江戸時代創業の金魚専門店からの提供だそうです。
綺麗な水の中を気持ちよさそうに泳いでいます。

239_20190708141702
普通の(?)海水魚や水生生物の水槽ももちろんあります。

105_20190708141701
屋外には庭園もあります。

120
26歳というポニーや

070_20190708141701
カンガルーや

134_20190708141701
サルなどの小動物色々や爬虫類も。

324_20190708141701
しかしここのメインは大温室の蝶の展示の様子です。

329_20190708141701
温室内では常時20種500羽程の蝶が飛んでいるとか。
これはオオゴマダラ、大きな羽を広げてヒラヒラ舞っています。

178_20190708141701
あちこちに自然な状態で展示されています。

367_20190708141701
ピントが合っていませんがナナフシもいました。
左上から右下に斜めの小枝がナナフシ、頭が下です。

245_20190708141702
蝶を羽化させているラボもありました。
色々な生き物がいっぱいで子供や生き物好きにはとてもいい施設です。

381_20190708141701
外に出ると釣り堀もありました。
 
385_20190708141701
六六通りを進んで

403
今度は旧日光街道を進んで駄菓子屋さんでたこせんを買って食べ歩き。
下町ぽくて懐かしい~(^^)

408
次のスポットの鷲神社です。
茅の輪があったのでぐるぐる潜って参拝。
こちらの茅の輪は茅ではなく笹だったと思います。

426
梅島駅近くに来てベルモント公園です。
足立区とオーストラリアのベルモント州の友好を記念して造られた公園でバラやオーストラリア原産の植物が植わった公園です。
それで生物園にもオーストラリアの生物のいるオーストラリアドームがあったのですね。

417
建物内にはベルモントに関する展示も。

442
日光街道を進んで足立区役所の前を通り

445
梅島陸橋で折れて

451
環七通りをひたすら進んで

461
6月のメトロウォークでも来た北綾瀬駅でゴールです。

496
お疲れご飯を頂いて終了。

517 
本日の頂き物とお土産

特茶と塩飴と今回のウォーキング特製パッケージのバスソルトが参加記念品。
長崎バウムクーヘンと草加煎餅がお土産です。

door to doorで25,106歩16.31kmのウォーキングでした。

| | コメント (0)

2019年6月21日 (金)

古代のロマンを秘めた「大賀ハス」と悠久の時を刻む千葉の街と海辺を散策

004_20190623142001
JR東日本の「古代のロマンを秘めた「大賀ハス」と悠久の時を刻む千葉の街と海辺を散策」に参加しました。
千葉駅を出てすぐの千葉市観光センターで受付後MAP等を受け取りスタートです。

この駅ハイの為に階段アートが作られています、力入ってます~。

020_20190623142001
地下道で千葉駅の北側に出て、JRのビル沿いに進みます。

027_20190623142001
千葉公園に着きました。
カラフルな傘の森のエントランスに

107_20190623142001
大賀ハスが見ごろです。

105_20190623142001
1951年に大賀博士らが千葉市内の東京大学検見川総合運動場の2,000年前の地層から発見した蓮の種から育った大賀ハスです。
大賀ハスは今では全国に広がっています。
2,000年経っても芽生えて育つ蓮の種って素晴らしい生命力です。

167 
明治時代から終戦まで千葉駅周辺~西千葉~稲毛周辺の台地上には陸軍関係の設備が集中しており、千葉公園ににはその中の陸軍鉄道連隊の遺跡がいくつか残っています。
これはウインチ台の跡。

陸軍施設の跡地は現在公共施設や公園、学校などになっているのですが、案内板で知ったのは今住んでいるマンションは陸軍跡地に建っているということでした。
知りませんでした~。

182_20190623142001
再び千葉駅前に戻ります。

196 
千葉の名物を集めたチーバくん物産館です。
限定品のピーナッツもなかアイスで一息入れました。

207
更に進み中央公園です。
その昔はここが京成千葉駅があったところで今はイベント会場に良く使われています。
昔はこの辺りが千葉の中心だったらしいのですが徐々に海側へと移っているのです。

217_20190623141901
千葉神社です。
千葉氏を守護する妙見菩薩を本尊とする元は寺院として建立され神仏分離令により神社に。
二階建ての社殿が珍しい。

255_20190623141901
更に千葉城です。
千葉氏の居城の亥鼻城跡に建つ郷土資料館。
これが建ってしまっているから仕方がありませんが、亥鼻城の一部復元とかできませんかね~。

0272
お城から降りて千葉市美術館です。
1階部分は昭和2年に建てられた川崎銀行千葉支店の旧店舗を保存する形の鞘堂方式で建っています。

287_20190623141901
千葉駅周辺の市街地でお昼になったのでランチ。

291
はす向かいの建物は千葉市科学館のきぼーるですが、画像は撮っているのに寄り忘れました(^^;)

296
京成千葉中央駅を通り抜けて

304
新宿公園プロムナードを通ります。

311_20190623141901 
橋を渡って国道14号を越えます。
ここから先は埋め立て地。

315
先日までアジアフェンシング選手権が行われていたポートアリーナやホテルなどのある複合施設のポートスクエアの中を通り抜けて

332
日本赤十字社千葉県支部です。

328
1階部分を見学。

333
モノレールの向こうに建つのは千葉市役所。
先日放送された「白い巨塔」で財前五郎が黄昏ていた屋上はこの千葉市役所の屋上(中央部分)。

338_20190623141901 
更にNHK千葉放送局で8K画像を観て一息入れて

340
モノレールの横を歩いて海へと進みます。

368_20190623141901
ケーズハーバー前の観光船発着所。

379
千葉みなと駅でゴールです。

384
本日のお土産

door to doorで14.6kmのウォーキングでした。

| | コメント (0)

2019年6月 8日 (土)

新緑を巡りながら市川の歴史と史跡を訪れる

009_4
京成電鉄の「新緑を巡りながら市川の歴史と史跡を訪れる」に参加しました。
京成八幡駅前の京成電鉄本社前で受付後MAPを持ってスタートです。

京成の本社が京成八幡にあるのを初めて知りました。なんとなく上野辺りかと。
八幡って京成とJRと都営地下鉄(千葉なのに都営の駅がある…)の3駅あるので何気に便利かも。
京都で言えば京阪とJRと京都市営地下鉄の3駅ある六地蔵駅の様な。

010_2 
まずは市川柏線沿いに歩きます。

043_2
住宅街を抜けて新しく延伸した外環道の上を越えて

048_2
坂を登り国府台地上に。
ここからアップダウンと史跡が続きます。

054_2
下総国分寺です。
奈良時代に建てられた下総国分寺の後継寺院ですが、当地は戦国時代に激戦の地で資料が失われ変遷の詳細は不明。

091_1
国分寺の近くにあった宝珠院です。
境内には大きなヤカンが。
「夜間でも御利益がありますように」という事らしいです(^^)

112_1
更に進んで庚申神社。
傍では紫陽花などが綺麗。

115_2
下総国分尼寺跡です。
発掘調査後は金堂跡が示された公園になっています。

134_2
一旦低地に下ってじゅんさい池公園です。
国府台地に入りこんだ沼があったところが公園化、細長く奥行きが長い公園です。

139_2
じゅんさい池沿いに暫く歩きます。

163_1
公園を出て松戸街道を渡って

179
国府台4丁目緑地です。
住宅地の中に残された緑地を散歩道として整備、保存しているそうです。
道が縦横にあり結構深い緑地です。

213_2
緑地を抜け住宅街を越えて今度は里見公園です。
江戸川越しに東京(柴又あたり)が見えます。
晴れていたら富士山とスカイツリー(これはうっすら確認)が見えます。

川と台地と河岸段丘の天然の要害とくればそれは城跡。

223 
台地上の一帯は国府台城跡です。
戦国時代に市川から松戸にかけて二度にわたる国府合戦が行われ、その後陸軍病院や遊園地などが造られた後に公園整備。
原型は殆ど留めていませんが所々にそれらしきものがあります。

311_2 
正門傍の日本庭園辺りの盛り上がり(画像左上)が櫓台か土塁っぽい。

260_1
里見公園内にはバラ園があります。
市川市とドイツのローゼンハイム市がパートナーシティを締結した記念に造られたそうです。

281_1
開花期終盤でしたがまだ綺麗でした。

300_1
大きな花壇もあります。
この辺りも城跡ですが病院があった場所なので面影はありません。

里見公園という名は国府台城は千葉氏、里見氏、北条氏が主な城主ですが、激戦の末敗走した里見氏の伝承が周辺に多く残っていることからでしょうか。(里見氏は南総里見八犬伝のモデル)
もしくはかつてあった遊園地、里見八景園(ダジャレの様な…)から来ているのかも。

319_2
里見公園を出て東京医科歯科大学の前を通り

325
和洋女子大学の前を通り

338
市川市スポーツセンターの中を通って

354_1
今度は千葉商科大学の前を通ります。
周辺は大学はじめ学校が多いです。

358
今度は弘法寺です。
737年開基という由緒ある寺院。
桜や紅葉の名所として知られているそうです。

406
坂を下って手児奈霊神堂です。
万葉集にも詠われた伝説上の美女、手児奈を祀ったもので、現在では縁結びの御利益があるそうです。

404
池ではウシガエルが鳴き睡蓮が咲いていました。

422
国府台地を離れて住宅街を進みます。
真間川沿いを歩き

429
いちかわ文学の道を進みます。
市川周辺に縁のある文学者の紹介板が続いています。

464
永井荷風の散歩道を進んで

466
京成八幡駅前の京成電鉄本社前でゴール。
お天気が危ぶまれましたが、ウォーキング中は大丈夫でした(^^)

478
お疲れご飯は本八幡駅前で。

485
本日の頂き物

door to doorで26,692歩、17.34kmのウォーキングでした。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧